ミスド「ドーナツビュッフェ」に挑戦!生地の違い、新商品・期間限定商品……楽しみ方いろいろ

写真拡大

ドーナツ食べ放題+ドリンク飲み放題となる夢の企画「ドーナツビュッフェ」がミスタードーナツの一部店舗でスタートした。好きなだけドーナツを食べてみたいという子供の頃の夢を叶えるため、「ミスタードーナツ 新浦安ショップ」をさっそく訪れた。

■平日限定、予約は必須

ドーナツビュッフェは60分間で1,200円(小学生以下700円、3歳未満無料)で電話予約が必要。店舗によって実施日・時間が異なり、新浦安店では午前11時〜、午後1時〜、午後3時〜の3回。平日のみで参加できるのは1回につき3組まで。開始早々にに1週間先まで予約が埋まったという。

ショーケースにあるドーナツ、パイが対象で、1回の注文につき選べるのは3個まで。食べ終えたら改めて注文する。6月一部店舗でテスト検証し、8月に入って全国で順次スタート。8月8日末現在で、48店舗が実施を予定している。

■1回目は生地の違いを楽しんでみた

8個くらいの参加者が多いそうなので、痩せの大食いである筆者は3×4=12個は食べられると予想。1回目は生地の食感の違いを楽しみ、2回目は甘くないパイで“食休み”、3回目は新商品・期間限定商品、4回目はデザート感覚でコーヒーと一緒に味わおう。いざスタート!

1回目はモチモチの「ポン・デ・リング」(140円)、サクサクの「オールドファッション」(140円)、パンのようにふんわりした「ストロベリーリング」(140円)に「アイスウーロンティー」(194円)。

ドーナツといえばサクサクのイメージがあったので、ポン・デ・リングの食感にとても驚いた。サクサクの食感は水分が欲しくなるので、数をこなしたい人は要注意だ。1回目は軽くクリア。

2回目は「エビグラタンパイ」(172円)、「フランクパイ」(172円)、「ハニーチュロ」(140円)の組み合わせに「アイスウーロンティー」をおかわり。甘くなった口の中が中和されていい感じだ。ハニーチュロで再び甘いモードに戻して、また並ぶぞ。

■クロワッサンマフィンは食いごたえあり

3回目は新商品・期間限定商品。4月発売以来、人気が高い「クロワッサンマフィン」に挑戦。残りひとつだった「クロワッサンマフィン チーズクリーム」(194円※)、好物のブルーベリーを使った「クロワッサンマフィン ブルーベリーカスタードホイップ」(194円※)の2つ選択。さらにふわふわ食感のフレンチクルーラー生地に、ホイップクリームとカスタードクリームをサンドした「ダブルクリームフレンチ」(162円)を加えた。ドリンクは「ミスド アイスコーヒー」
(270円)に変えた。※一部店舗では216円。

これがヤマ場となった。クロワッサンをマフィン型にしたユニークな商品がなかなかの食いごたえ。もはやおやつではない、ランチになるボリュームだ。お腹が膨れてくると途端に甘いものが苦しくなるのはなぜだろう。きょう一番の甘さとなるダブルクリームフレンチを食べ終えたところで予想外のギブアップ。

あくまで食を楽しむのが主目的。苦しくなったらやめることは最初決めていた。よって最後にもう一度食べるつもりだったポン・デ・リング、ドーナツポップ(1個37円、全6種類)をあきらめる。食後の「ミスド ブレンドコーヒー」(270円)を飲みながら「クロワッサンマフィンは1つにすべきだった」などと反省しているうちに時間となった。

ドーナツ・パイが9個、ドリンク4杯で計2,382円。これが1,200円で済んだのだから、元は十分に取れた。やはりドーナツ好きにはたまらない企画だった。

帰り際にミスタードーナツの今野敏男・関東地域支部長から「1回に選ぶ3個のうち、甘くないものを1つ入れるとよいようです。2人以上で予約してシェアすれば、たくさんの種類を食べることができますよ」とアドバイスをいただいた。次回の参考にしたい。

ちなみに、みなさんはドーナツで一番好きな味は何だろうか? 「教えて!goo」では「ドーナツで一番好きな味は何?」ということで皆さんの意見を紹介中だ。

文中の価格はすべて税込。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)