FXを見て慌てて開発をスタートさせたもんだから、スズキヤマハとほとんど同じスピードでバイクを作りました。

それがGSX400F。つまり2気筒のGSX400Eは中継ぎとして。裏で4気筒の開発も進めていたわけです。

XJ400Eに少しだけ遅れて登場したわけですが、世の中的にはもうすでに4気筒見飽きているので新しいバイクが出てももう騒がない。ちょっと可哀想なタイミングのバイクになってしまったわけです。

まあこのバイク、実際に乗ってピンときませんでした(あくまで当時の私の主観です)。エンジンの抵抗が多くてガサガサいっているフィーリング。回り方もちょっと重苦しい。

1

馬力はXJRと同じ45馬力でクラス最強だったけれど、なんか「本当かなぁ」っていうくらいもっさりとした感じだったわけです。たぶんセールスも400マルチの中じゃあ良くない方だったはず。

ところがスズキ、これで終わりにしなかった。

このバイクのエンジンをチューニングしてヨシムラのサイクロンマフラーを純正で装備。スーパーバイクレーサー風の段付きシートでオイルクーラーを装着。

今じゃ当たり前かもしれないけれど、当時はもう反則技ですよ。

だってハンドルひとつ変えただけで違反だ、とか言われていた時代です。

マフラー変えるっていうのはもちろん違反で改造は反則切符切られるのを覚悟じゃなきゃできなかった時代。オイルクーラーだってダメ。

そんな時代に純正で集合マフラーとオイルクーラーですもん。これが出た時は「おおー、ついにスズキが本気出した」って皆で騒いだもんです。

このバイク、GSX400FSインパルスは乗った感じももう別物でした。エンジンはヒュンヒュン回るしハンドリングも素晴らしい。

スズキはこれをその後ホンダが出したCBXにぶつけて、結局CBXに惨敗するんですが、とてもインパクトのあるマシンでした。

まあね、正直なこと言うとGSX400Fはどうでもいいバイクでした(主観です)。でもGSX400FSは素晴らしかった。

ヨシムラの手が市販車に入ったっていうのも凄かったし走りだって素晴らしかったし。もっと評価されてもいいと思うバイク。

ただね、ライバルのCBXはレースキットでまだまだ速くなったけど、インパルスは発売時点でいっぱいな感じ。チューニングパーツもなくて伸びしろがなかったイメージでした。

まあストリート派のライダーには関係ないんですけどこの頃はレースでの活躍ってセールスにもかなり影響していたんです。

次の記事:80年代グラフィティ 400その5 HONDA CBX400F

(ライター:後藤 武/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


【強者現る】バイクに乗りながら演奏もしちゃう移動系バンド


フランスのヘルメットメーカー「SHARK」のCMが凄い!


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

【80年代グラフィティ400・その4】SUZUKI GSX400F(http://clicccar.com/2016/08/15/356112/)