「ルイ・ヴィトン」70年ぶりに新作フレグランス発売、旅から着想した7つの香り

写真拡大

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、1946年以来70年ぶりとなる新作フレグランスコレクション「レ・パルファン ルイ・ヴィトン(Les Parfums Louis Vuitton)」を9月15日に発売する。価格は100mlが3万円、200mlが4万3,000円(税別)で、ルイ・ヴィトン松屋銀座店、阪急梅田店、公式オンラインストアで取り扱う。 「ルイ・ヴィトン」70年ぶりに新作フレグランス発売の画像を拡大

 新作フレグランスは「ルイ・ヴィトン」のインハウス・マスター・パフューマー ジャック・キャヴァリエが世界中を旅する中で出逢った魅惑的な異文化や希少な香りを表現。「ローズ・デ・ヴァン(Rose des Vents)」「タービュランス(Turbulences)」「ダン・ラ・ポー(Dans la Peau)」「アポジェ(Apogée)」「コントロ・モワ(Contre Moi)」「マティエール・ノワール(Matière Noire)」「ミル・フー(MilleFeux)」の旅からインスパイアされた全7種類を展開する。また全ての香りが楽しめるミニチュアセット(10ml×7・3万円)とトラベル用スプレー(全7種 7.5ml×4・各3万円)も発売する。