オリンピックはライブが一番!iPhoneでどこでも観戦可能にするTVチューナー

写真拡大

4年に一度の祭典、リオデジャネイロオリンピックの真っただ中。地球の裏側で繰り広げられている熱い戦いから目を離せない人も多いだろう。家でも外でも、常にテレビ放送をチェックしたい、というのであれば、iPhoneやiPadでテレビ番組を観ることができるようになるiOS専用テレビチューナー「STV100」を検討してみてはいかがだろう。

高画質でなめらかなフルセグを家でも外でも

パソコン周辺機器の通販サイト「サンワダイレクト」より発売中の「STV100」は、据え置き型のiOS専用テレビチューナーだ。

幅約12cm、奥行約10cm、高さ約2.5cmのコンパクトサイズの本機に、有線でインターネットルーターと地デジアンテナ端子(F型)を接続し、専用アプリを立ち上げペアリングすることで、iPhoneやiPadでテレビ番組をリアルタイムで観ることが可能だ。

sub2

インターネット経由で映像を転送するので、Wi-Fiや4G、LTEなどのネット環境があれば家でも外でも視聴できる。ポータブルタイプのチューナーと違い、アンテナケーブル直結の据え置き型なので電波状態が比較的安定、充電切れの心配もないのが特長だ。

 

sub4

映像は高画質のフルセグ。フレーム数の少ないワンセグの場合、カクカクした映像になることもあるが、フルセグはフレーム数が約2倍なので、高画質でなめらかな映像を楽しめる。

専用アプリでは画面は縦・横の両方に対応。また、当日の番組一覧をチェックする事ができ、ネットワーク対応のHDDを設定すれば番組をHDDに録画することも可能だ。
LANケーブル(ケーブル長:約140cm)、USBケーブル(ケーブル長:約100cm)、USB-AC電源アダプタ、mini B-CASカードを付属して、1万5800円。

sub1

これさえあれば、もはやテレビすらいらないかもしれない。このアイテムの導入で、今後はテレビ番組の視聴スタイルが大幅に変化するに違いない。

サンワダイレクト>> http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/STV100

(文/&GP編集部)

iPhoneより薄い!最薄部約4.6mmの有機ELテレビ

テレビをBluetooth対応にする簡単な方法と注意点

オリンピックは大きな画面で!簡単にオーダーできるホームシアター