15日、熱戦が繰り広げられているリオ五輪では、メダルの行方のほか、選手にも大きな注目が集まっている。日本のネット上では今回のリオ五輪に出場した中国の美女選手に注目するユーザーが多く、中でも多くの支持を得た選手をレコードチャイナがまとめた。

写真拡大

2016年8月15日、熱戦が繰り広げられているリオ五輪では、メダルの行方のほか、選手にも大きな注目が集まっている。日本のネット上では今回のリオ五輪に出場した中国の美女選手に注目するユーザーが多く、中でも多くの支持を得た選手をレコードチャイナがまとめた。

【その他の写真】

今回紹介するのは、中国の女子テニス選手の王薔(ワン・チアン)。24歳の王薔は17歳でプロに転向し、2014年に韓国・仁川で行われたアジア競技大会では、女子シングルスで金メダルを獲得。日本テニス協会に所属していたこともある。リオ五輪は彼女にとって初めて出場した五輪で、「国のために戦うことは私の力になる」と意気込みを語っていた。海外では「中国女子選手の10大美女」の1人に数えられるほどで、そのルックスも注目を集めた。

期待に胸を膨らませたリオ五輪だったが、現地時間7日に行われたリオ五輪の女子シングルス1回戦で王薔はロシアのスベトラーナ・クズネツォワと対戦し敗戦した。

王薔は世界ランキング66位(8月1日現在)だが、2013年のマレーシア・オープンでは世界ランク1位になったこともあるデンマークのウォズニアッキと対戦し、当時世界ランキング186位ながら同10位のウォズニアッキを下すという波乱を演じて見せたこともあり、今後の活躍が期待される。(翻訳・編集/内山)