今すぐとりたい!美白&ダイエットにおすすめの夏野菜とは?簡単レシピもご紹介!

写真拡大

日差しがきついこの季節、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、UVカットの長い手袋をしたり…、この時期、シミやシワ、ソバカスなどの原因となる日焼け予防対策は大人女子にとってマスト。

でも、こまめに日焼け止めを塗り直したり、日傘を持ち歩いたり、暑い中長い手袋をはめたりするのは、面倒だと感じる人もいるのでは?

­

しかし、ある食材をとるだけで、日傘をさすのと同等の肌の保護効果が期待できるのをご存じでしょうか。今回は、内側から日焼け対策として働きかけてくれる、そんな嬉しい食材をご紹介します。

­

なんと、その食材とは夏野菜の代表「トマト」なのです。

­

しかも、トマトは美白効果に加え、ダイエットにも効果が期待されているのです。

この夏トマトを食べてスレンダーな美白美人を目指しませんか?
トマトの栄養素とその効果
トマトには、ビタミン類やミネラル分の他にクエン酸、リンゴ酸、アミノ酸、ルチン、水溶性の食物繊維であるペクチンなどが含まれています。

では、代表的な栄養素の働きを見てみましょう。

­

・ビタミンACE(ビタミンエース)の美白・美肌効果

トマトには、ビタミンA、C、Eが多く含まれています(この3種を総称してビタミンエースと呼ぶことがあります)。ビタミンエースは、抗酸化作用があり、美肌効果も大!

ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にし、コラーゲンの生成を促すため美肌に大切な栄養素です。

ビタミンCは、シミやソバカスの原因であるメラニンの生成を抑えるほか、コラーゲンの生成にも役立ち、美白やシワなどに効果的。

ビタミンEは、若返りのビタミンとも呼ばれ、老化の原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジング効果が期待できます。

これらの栄養素は別々にとるのではなく、一緒にとると、より効果的です。

­

・リコピンの美白効果

トマトにはリコピンという栄養素が多く含まれることはご存知ですよね。リコピンは、有害な活性酸素の働きを抑え、メラニンの生成や老化を抑える強い抗酸化作用を持つため、酸化による肌ダメージを軽減してくれます。

­

トマトを多く食べると肌の保護効果が高まるので、日焼けで肌が赤くなることや、紫外線によるDNAの損傷を軽減すると言われています。

1日に必要なリコピンの摂取量は15mgと言われており、これはトマトにすると2〜3個分、ミニトマトだと約10個分にあたります。

­

・リコピンのダイエット効果

リコピンの美白効果についてご紹介しましたが、実はダイエットにも効果が期待できるのです。

リコピンは成長ホルモンの分泌を高めるので、基礎代謝が上がり、効率的に脂肪が燃焼するのを促し、脂肪の吸収を抑えて太りにくい身体へと導いてくれます。

­

・13-oxo-ODAのダイエット効果

トマトに含まれる13-oxo-ODAという成分は、肝臓の脂肪を燃焼させ、中性脂肪を下げる効果があると言われています。

­

これらの効果を得るには、毎食トマトジュース200mlを摂取するのが良いそうです。
美味しいトマトの選び方
店頭にたくさん並ぶトマトですが、少しでも美味しく、そして新鮮なものを選びたいもの。ここで、覚えておくと便利な美味しいトマトの選び方をご紹介します。

­

・ヘタが緑色のものを選ぶ

ヘタが黒いものや乾燥して縮れているようなものは出荷後人工的に熟させたり、収穫してから時間が経っているので、ヘタが緑色でピンとしているものを選びましょう。

­

・トマトの形が丸く重みのあるものを選ぶ

角ばっているものもありますが、丸みがあり重みのあるものは糖度が高いものが多いと言われています。優しく手に取って丸くて重みのあるものを選びましょう。