どこでも充電!コンパクトにたためる「風力発電ギア」が秀逸

写真拡大 (全7枚)

アウトドアを楽しむ際、気になるのが携帯電話などの充電。

自然を利用した充電器には太陽光のものもあるが、風力も強力な助っ人だ。

持ち歩ける風力発電機

この風力発電用のギア「マイクロ・ウィンド・タービン」は、コンパクトにたたんでリュックなどに取り付けて持ち歩ける。

 

Nils Ferber / Vimeo

使い方は簡単。

袋から取り出して広げ……

Nils Ferber / Vimeo

Nils Ferber / Vimeo

ちょうどいい位置に立てて、ロープで固定。

Nils Ferber / Vimeo

Nils Ferber / Vimeo

羽の部分がクルクル回りだし、USBケーブルでスマホなどと接続すれば充電が始まる。

Nils Ferber / Vimeo

直接充電する以外にも、内臓のバッテリーパックに蓄電もできる。

太陽光では使用時間が限られる

このギアを開発したNils Ferberさんが、登山家など多くの専門家にたずねた結果、ポピュラーなのはソーラーパワーだが、トレッキングや登山などでは太陽が出ない日が何日も続くケースがあり困っているという声が多かったという。

そこで風力発電を考えだした。

超コンパクト設計

最大の問題はその大きさだった。

研究を重ね、既存のものより40%ほど軽く超コンパクトなこのギアを作り上げた。

さらにわずかな風力でも発電するようになっているとのこと。

風さえあれば夜でも充電できるから、キャンプなどでも活躍してくれそうだ。

さらに安価に生産できるのもメリットだという。

試作品は、10月に開催されるドバイ・デザインウィークで発表される。