ファンク帝王の偉大なる人生──ジョージ・クリントン自伝・共著者が語る

写真拡大

1970年代のブラックミュージックをパーラメント/ファンカデリックという二枚看板をもって切り開いたPファンク集団の総帥、ジョージ・クリントン。刊行されたばかりの自伝『ファンクはつらいよ』の共著者ベン・グリーンマンが、この偉大なるカリスマを語る。