「オリンピック選手になるための値段」はおいくら?

写真拡大

オリンピック選手になるために必要なのは、過酷なトレーニングだけではない。たくさんのお金も必要なのだ。夏季オリンピックで行われる一部の競技について、選手になるにはどれくらいのお金がかかるのか、そしてそれを穴埋めするのがどれほど難しいのかを紹介。

「「オリンピック選手になるための値段」はおいくら?」の写真・リンク付きの記事はこちら

オリンピックはアスリートたちを、ラテン語のモットー「キティウス、アルティウス、フォルティウス」、つまり「より速く、より高く、より強く」へと駆り立てる。しかしオリンピックは、人間の可能性の頂点へと登り詰めたアスリートたちを誕生させる一方で、アスリートの所得の向上に大きく貢献することはあまりない。

オリンピックのたびに、新しいアスリートたちが有名人になり、多くの人がその顔と名前を覚える。しかし、そこまでたどり着くには、膨大な時間、自己鍛錬、執着だけでなく、お金も必要なのだ。

「(オリンピック選手になるためには)すべてを注ぎ込む必要があり、それは一種の強迫観念にもなります」と語るのは、オレゴン大学ワルシャワ・スポーツ・マーケティング・センターのクレイグ・レオン。自身も、オリンピック選考会に参加したことのあるマラソン選手である。

それでいて、得られる富は少ない。「多くのオリンピック・アスリートはたくさんお金が儲けられるわけではありません」とレオンは言う。それどころか、オリンピックはアスリートのお金を稼ぐ力を阻害する可能性さえある。

いちばん大きいのは、収入を得る可能性が失われることだ。金メダルを目指してトレーニングすると、それ以外のキャリアのためにトレーニングする時間はほとんど残らない。「オリンピック選手たちは引退するとき、存分にやり切ったと自分に言い聞かせてから、20代後半や30代前半で実社会に飛び込もうとします。しかし多くの場合、彼らには就労経験がほとんどないのです」とレオンは言う。

オリンピック選手が、賞金やスポンサー料、講演などで生計を立てることはあるが、そのチャンスが全員にあるわけではない。また、米国のアスリートは、海外の一部のライヴァルたちが受けているような政府からの支援を受けていない。各競技連盟からの給付金が頼りだが、月にわずか400ドルというケースもある

メダルを獲得すれば米国オリンピック委員会が2万5,000ドルのボーナスを出すが、このようなものはほかにあまりない。オリンピック競技でビッグスターになる一部の選手以外、人並みの収入を得られることは稀なのだ。「それほどのギャンブルなのです」とレオンは言う。

もちろん、お金のためにトレーニングをしている、というアスリートはほとんどいない。ただ、成功するには、膨大なお金とたくさんの時間が必要であり、それはまず戻ってこない。この記事では、夏季オリンピックの一部の競技について、その経済事情を見ていこう。

Swimming - Men's 4 x 100m Medley Relay Final

マイケル・フェルプス選手。2016年リオ五輪、男子400mメドレーリレーにて。PHOTO: REUTERS/AFLO

水泳

必要経費: 年間10万ドルトレーニング期間: 8〜12年有名オリンピック選手の純資産: 5,500万ドル(マイケル・フェルプス)

水泳は装備にもかなりお金がかかるが、それはまだ始まりにすぎない。マイケル・フェルプスがトレーニングしている「ボルティモア・アクアティック・クラブ」の年会費は1,500〜3,000ドル。水泳大会に参加するのに5,000ドルかかることもある。選手はそうした大会に年間4回ほど出場する。

30万人の会員がいて登録料として総額1億ドルが入る米国水泳連盟は、最も太っ腹な競技団体のひとつだ。ランキング16位以内の水泳選手に月3,000ドル、また大学生選手に月約1,750ドルの給付金を出している。金メダリストになると7万5,000ドルのボーナスが出る。

水泳はオリンピック大会で最も注目を集める競技のひとつで、スター選手は巨額のスポンサー契約を結ぶことが多い。あなたに(かなりの)幸運があれば、次のマイケル・フェルプスになれるかもしれない。現在、フェルプスの純資産は5,500万ドルだ。

陸上競技

必要経費:年間2万ドルトレーニング期間:約4年有名オリンピック選手の純資産:6,000万ドル(ウサイン・ボルト)

陸上選手は、1年間に最低6足のシューズを履きつぶす。装備費以外にも、治療やトレーニング、競技会と、費用はどんどんかさむ。多くのアスリートと同様に、陸上競技選手たちも、パートタイムで働きながら金メダルを目指さなければならない。

例えば、トライアスロンの金メダリスト候補、グウェン・ヨルゲンセンは、有名な会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングで会計士として週に65時間働いていた(その後、仕事よりもトレーニングに使う時間が増えていった)。

陸上競技は特にお金になる競技ではない。全米陸上競技連盟によれば、競技による年間収入が1万5,000ドル以上を超えているのは、各競技の上位10位のわずか半数だという。

スポンサー契約を受けても、故障というリスクがある。トップ選手が1年に100万ドル以上稼ぐことはあるが、それはごく稀なケースだ。

体操競技

必要経費:年間1万8,000ドルトレーニング期間:10〜12年有名オリンピック選手の純資産:300万ドル(ガブリエル・ダグラス)

体操はひときわ華やかで、ものすごくお金がかかる。トップ選手は幼い子どものころからトレーニングを始めるため、年間1万2,000ドルを超えるトレーニング費用が10年以上続いて必要になることもある。

「体操はお金がかかるスポーツです」。ロンドンの2012年夏季オリンピック大会で金メダルを2つ獲得したガブリエル・ダグラスの母親、ナタリー・ホーキンズは、娘が金メダルを獲得する数カ月前、破産を申請した際にそう語った。

あるトレーニングセンターのマネジャーによると、体育館を利用するだけで1カ月600ドルかかることもあり、加えて競技の装備一式は300〜500ドルするという。

国の代表チームを構成する体操選手には、米国体操連盟が費用を助成している。また、国に多くのメダルをもたらし注目を集める体操のような競技には、米国オリンピック委員会(USOC)から追加の資金が出る。米国体操連盟によると、前回の2012年夏季オリンピック大会では、体操選手に420万ドル以上を直接払ったという。

体操のトップ選手にはスポンサーの支援がつくが、その競争は過酷だ。たくさんの選手が、16〜18歳でオリンピックに出場することを目指して挑戦している。

テニス

必要経費:年間15万〜50万ドルトレーニング期間:4〜8年有名オリンピック選手の純資産:1億5,000万ドル(セリーナ・ウィリアムズ)

最高のプレイヤーは、テニスを始めるのが早い。セリーナ・ウィリアムズは3歳のときにはプレイしていた。あるプロテニスコーチによると、大会に出場するようになると、旅費だけで年間5万〜15万ドルかかることもあるという。さらにトレーニングと道具のお金がかかる。これに対し、全米テニス協会からの奨励金と給付金は2,000〜4,000ドルと最小限だ。

それでも、投資の回収はすごいものになる可能性がある。女子プレイヤー世界トップのウィリアムズ選手の場合、純資産は現在1億5,000万ドルだ。

彼女は金メダルを4個獲得してはいるが、その富と名声はオリンピックによるものではない。同じことが米国の男子バスケットボール選手にも言える。(その成功が)オリンピックの経済事情とは無関係なアスリートもいるということだ。

RELATED