年収が高い上場企業のトップ5は?

写真拡大

 本誌は東京商工リサーチの協力のもと、2015年度の全上場企業(3614社)の「平均年収ランキング」を作成した(以下、ベスト5)。

・1位/M&Aキャピタルパートナーズ(東京都・サービス業)/2253万円
・2位/GCAサヴィアン(東京都・サービス業)/2154万円
・3位/キーエンス(大阪府・電気機器)/1777万円
・4位/日本商業開発(大阪府・不動産業)/1741万円
・5位/ファナック(山梨県・電気機器)/1571万円

 この結果を見ると、高収入のイメージが強かった企業が軒並み苦況に立たされているのだ。特に目立つのがテレビ局である。上位10位に入ったテレビ局は朝日放送(1498万円・7位)とTBSホールディングス(1491万円・8位)の2社のみ。2013年はトップ10の半数を占めていたのと比べると隔世の感がある。テレビ局の凋落を尻目に、躍進している企業もある。東京商工リサーチの坂田芳博・情報部課長が指摘する。

「今回のランキングの特徴は、一般的には知名度が高くない企業がトップ5を占めたこと。これらは、みな年収における業績連動部分の割合が大きい企業です」

 代表格が、平均年収2000万円超えを果たし1位となったM&Aキャピタルパートナーズだ。岡山商科大学経営学部の長田貴仁教授が解説する。

「主に中小企業を取り扱うM&Aの仲介会社です。後継者不足に悩む中小企業を他企業とマッチングする事業が収益の柱です。経営者の高齢化に伴って、M&Aビジネスの需要が非常に高まっている」

 2位のGCAサヴィアンもM&Aの仲介会社だ。

「こちらのクライアントは大企業中心で、過去には阪急と阪神の経営統合を担いました。M&A仲介というと日本では『ハゲタカ』のイメージが強いですが、M&Aキャピタルパートナーズ、GCAサヴィアンともに合併・買収後の経営のあり方、事業再建まで視野に入れて助言している良心的な企業です」(同前)

 3位のキーエンスと5位のファナックは躍進著しい「陰の実力企業」だ。

「ともに工場用機器の開発・販売を主な業務とする企業ですが、そのビジネスモデルはまったく違います。

 キーエンスは自社工場を持たず、他社に製造を委託する『ファブレス経営』を行なっています。一方のファナックは富士山麓にある敷地49万坪の本社で産業用ロボットや工作機械用装置などを製造します。

 しかし両社とも、営業マンが顧客である企業に『こうしませんか』と提案するコンサル型営業として成長し、高い利益率を誇る点は共通している」(同前)

 4位の日本商業開発もあまり聞いたことがない企業かもしれない。年収は前年から約740万円アップしている。

「大阪や東京を中心に不動産投資をする企業。土地にテナントを誘致して、借地料を得る“地主ビジネス”が最近の不動産価格上昇に伴って好調です。この5年間で年収が2.4倍になった」(前出・坂田課長)

 また同社は若手社員への投資が「破格」なことでも知られている。経済ジャーナリストの小泉深氏がいう。

「一昨年に初めて新卒採用を実施したのですが、驚きはその初任給の額です。『50万円』と破格の金額設定をしたことで一躍、経済界にその名を轟かせた。その代わり、採用数も少ない“狭き門”なだけに社員には高い能力が求められる」

※週刊ポスト2016年8月19・26日号