外国人観光客の呼びみを積極的に進める日本政府と日本の観光業界。最大の来客源は中国大陸だが、台湾や香港からの観光客も貴重なリソースだ。台湾メディア・東森新聞雲は11日、台湾で活動する日本人タレントが日本の観光地の中国語表記について「簡体字しかない」と批判したと報じた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 外国人観光客の呼びみを積極的に進める日本政府と日本の観光業界。最大の来客源は中国大陸だが、台湾や香港からの観光客も貴重なリソースだ。台湾メディア・東森新聞雲は11日、台湾で活動する日本人タレントが日本の観光地の中国語表記について「簡体字しかない」と批判したと報じた。

 記事は、台湾で活動する日本人タレント・大谷主水さん(台湾での芸名は「夢多」)が以前、台湾人の視点から自身の故郷である宮崎を紹介する番組に出演したと紹介。現地の中国語案内を見て、大陸で用いられている簡体字のみの表記で、台湾などで使われる繁体字が表記されていないことに気づいた大谷さんが、現地の当局に対して「香港や台湾の観光客に配慮しないというのはどういうことか」と、抗議を行ったというエピソードを伝えた。

 そして、何度も抗議を受けた当局担当者がようやく簡体字と繁体字の違いに気づき、2年後にようやく全ての紹介に繁体字表記が行われるようになったと大谷さんが語ったことを紹介している。

 記事は、大谷さんが「大陸観光客は確かに多いが、それが台湾や香港の人を軽視する理由にはならない」と怒りを示したと説明。長年台湾で活動している大谷さんは台湾に対して深い感情を持っているとし、その情熱的な性格によって多くのファンから愛されていると伝えた。

 観光地での案内表記について、英語も中国語も韓国語も併せて表記するとなると、それなりのスペースを必要とする。そして、中国語について繁体字・簡体字双方の表記を用いればさらにそのスペースは多くなる。両方を表記するスペースがない場合、かつて日本でも大陸でも用いられていた繁体字を採用するほうが汎用性は高い。

 それはともかくとして、当局が「繁体字と簡体字の違いを理解していない」という状況自体が、中華圏を始めとする外国人観光客を受け入れるうえで問題があると言えるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)