世界最大の自動車市場である中国において、日系車が販売を伸ばしている。一部では、中国の若年層の取り込みに成功したことが理由との分析もあるなか、中国メディアの易車はこのほど、「自動車に詳しい人ほど日系車を購入している」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 世界最大の自動車市場である中国において、日系車が販売を伸ばしている。一部では、中国の若年層の取り込みに成功したことが理由との分析もあるなか、中国メディアの易車はこのほど、「自動車に詳しい人ほど日系車を購入している」と伝えている。

 記事は、中国自動車市場において日系車がまさに「春を迎えている」と指摘し、かつて反日感情が高まっていたころの「厳冬期」を乗り越えたとの見方を示した。さらに、街中でよく見かける自動車は日系車だと伝えつつ、中国の消費者は「自動車に詳しい人でなくとも、日系車の燃費性能が高いことは知っている」と指摘、この強みだけでも多くの消費者を取り込んでいると論じた。

 続けて、自動車について詳しい人も日系車を購入している理由は、日系車に確固たる強みや魅力があるためであると指摘。それは燃費性能の高さのみならず、コストパフォーマンスの高さや安全性能の高さ、故障率の低さ、信頼性の高さといった要素が「権威ある機関によって数値として証明されていること」が理由だと指摘した。

 さらに記事は、中国では一部の消費者が未だに「日系車は鋼板が薄く、安全性に劣る」というデマを信じていると主張する一方、自動車に詳しいならば「自動車の安全性は鋼板の厚みで左右されないことを知っている」と指摘。「日系車は鋼板が薄く、安全性に劣る」との話はデマであると見抜き、日系車の強みや魅力を正当に評価できる人が日系車を購入しているのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)