手倉森ジャパン、2年半の活動の終焉は早々にやってきた。マナウスで2試合、サルバドールで1試合。最後のスウェーデン戦でようやく大会初勝利を挙げたものの1勝1分1敗の勝ち点4で敗退した。

 際立ったプレーや個性的な発言が少なく、チームとしての戦いに徹したのが、この五輪代表選手たちの特徴だった。だからこそ、チームの中心には良くも悪くも手倉森誠監督がおり、その存在感と言葉の強さが際立った。2得点のエース、浅野拓磨は、「緊張しているときは冗談混じりに緩め、緩んでいる時は引き締めてくれる」と、雰囲気作りの中心に指揮官がいたことを認めた。

 報道陣を前に、手倉森監督はオヤジギャク、ダジャレの類を繰り返した。

 初戦ナイジェリア戦の前日は、日本の前にコロンビアの監督の記者会見が行なわれていた。時間をおかずして行なわれた手倉森監督の会見では、「スウェーデン(実際はコロンビア)の監督のお尻が暖かかったのか椅子が暖かく、暖かい気持ちで会見ができました」と言って記者を笑わせた。またスウェーデン戦前日の会見では、試合開催地サルバドールにひっかけ「サラバドールにならないように」と話していた。英語に堪能な通訳も困り果てて、「日本語では語感が似ているのだ」などと注釈をつけなくてはならなかった。

 そんな手倉森監督の会見は、大半が中年の日本人記者陣には好評だった。ただ、その陽気さと弁舌の巧みさは、時に報道陣を煙に巻くためにも使われた。

 例えば敗れたナイジェリア戦後の記者会見。ナイジェリアの当日現地入りに関する騒動に触れ「(コンディション面で日本にアドバンテージがあるかもしれないという)周囲の風潮に影響されたかな、と。終わってみれば罠をかけられたような......」と、巧みに原因を外に求めた。

 ついその前日までは「ナイジェリア戦がメダルへの全て」「『相手のアクシデントは頭に入れるな。自分たちのやってきたことを信じよう』と選手に話した」などと語っていたのだから、一貫性がないと言われても仕方ないだろう。

 一方、その陽気さはチームを救った。「監督が一番不安なはずだけど、心配するなと言ってくれていた。責任は俺にある、と」と浅野が言うように、常に選手たちを鼓舞し続けた。その結果、周囲に悲壮感は漂わず、取材していても息苦しさを感じることはなかった。

 手倉森監督が一番厳しい表情を見せたのは、コロンビア戦後の記者会見だった。口を真一文字に結び、眉間にしわを寄せた。勝てるはずの試合で勝ち点2を落としたと思っているのは明らかだった。しかしそれも会見の冒頭だけで、話しているうちにいつもの明るさを取り戻し、会見後の囲み取材の場に移るとさらにそれは加速した。

「いい流れじゃない? 世界で戦ったことのない選手と監督として、(初戦に敗れ)傷つけられた状態で、2戦目は2点を取られて勝ち点1をもぎ取れた。で、いよいよ勝つ時がきた。そう簡単に世界に出たことのないやつが勝っちゃいけないだろうなと、2点目を取られた時に思ったよ」

「今日勝ったところで次に負けたら何もねーなと思うと、ドラマティックジャパンは尻上がりに上るほうがいい」

 開き直りにも感じられる、率直なコメントだった。本来であれば、このくらいあけすけに話すタイプなのだろう。

 そんな手倉森監督から"恨み節"ともとれる発言が飛び出したのは、スウェーデン戦が終わり、敗退が決定した後の会見だった。オーバーエイジ(OA)選手に関する話の中で、「次の監督のOAマネジメントのアイデアになれば。今回は一任してもらったけど......」と、語った。「一任された」というのは、協力体制のなさについてほのめかしたと解釈できる。そして日本サッカー協会がフル代表のコーチとしての残留を望んでいることについては、「今はほっとしたい。今はそこにアンテナの針は向かない」と、一蹴した。

 時には冗談で聞く側を煙に巻こうとし、時には巧みに本音を織り混ぜたのが手倉森節だった。分かりやすいとはいえないが、時間がたってから検証すればまた違う側面が見えてくるかもしれない。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko