「好きな人がいること」第6話より/画像提供:フジテレビ

写真拡大

【好きな人がいること/モデルプレス=8月15日】女優の桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』(毎週月曜よる9時)の第6話が、15日放送される。

【さらに写真を見る】山崎賢人「俺がそばにいてやる」…月9「好きな人がいること」第6話場面カット多数

◆桐谷美玲がイケメン三兄弟と四角関係に


今作は、海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロイン・櫻井美咲(桐谷)が、イケメン三兄弟の柴崎夏向(山崎賢人 ※「崎」は正式には「たつさき」)、千秋(三浦翔平)、冬真(野村周平)とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。

このほか、美咲のバイト先のレストランにある日突然やって来て、夏向ら三兄弟に近寄り、何かを探ろうとしているミステリアスな女の子・西島愛海を大原櫻子、海辺のサーフショップで働く夏向の同級生・奥田実果子を佐野ひなこ、その彼氏で一回り年上のサーフショップオーナー・日村信之を浜野謙太、冬真が通う調理師学校の同級生・二宮風花を飯豊まりえ、千秋の大学時代の同級生で元恋人のピアニスト・高月楓を菜々緒がそれぞれ演じ、フレッシュなキャストが集結する。

◆第6話あらすじ


花火大会の夜、櫻井美咲(桐谷)は柴崎千秋(三浦)への想いをあきらめざるを得なくなった。そんな美咲だが、夏向(山崎)に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられる。複雑な心境の美咲…。

翌朝、夏向と顔を合わせた美咲は、動揺を隠しきれない。しかし、夏向は今までと同じように、ムスッとしたぶっきらぼうな態度。そこに来た千秋は、高月楓(菜々緒)とやり直すことにしたと美咲に告げる。分かっていたとは言え、千秋から直接聞いてしまうとは…。美咲は1人になるために洗面所へ急ぎ、涙を隠すために、しばらく顔を洗い続けた。

そんなある日、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込んだ。コラボする店は超有名レストランだと聞いて、冬真(野村)は驚く。千秋によると、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたそう。すると、話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

早速、夏向は美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かう。そこで、2人を出迎えたのはレストランプロデューサー、大橋尚美(池端レイナ)。美咲は有名プロデューサー登場に大はしゃぎだが、夏向は尚美に軽い挨拶。夏向と尚美は知り合いのようだ。

打ち合わせを終えた美咲は、久しぶりに石川若葉(阿部純子)に会おうと待ち合わせの約束。そして、帰ろうとした美咲を夏向が引き止めた。行きたいところがあるので付き合えと言う夏向に、美咲は…。(modelpress編集部)