地下鉄で席を譲られたおじいちゃん、五輪選手も顔負けのパフォーマンスを披露!

写真拡大

リオ五輪を観戦中のおじいちゃんが、地下鉄で席を譲られた際のパフォーマンスがすごい。

孫と一緒にリオ五輪観戦中の68歳

このおじいちゃんは、孫と一緒にリオ五輪観戦中のアメリカ人Wayne McEntireさん、68歳。

あるとき、地下鉄で「お年寄りのための優先席」を譲られた。

そこでおじいちゃんが見せた驚きのパフォーマンスを、孫のBritton Barkerさん19歳がTwitterに投稿。

Britton Barker

Britton Barker

Britton Barker

Britton Barker

Britton Barker

Britton Barker

五輪選手も顔負けのパフォーマンス

おじいちゃんは優先席に腰かけるどころか、おもむろに金属棒に手をかけるや、腕の力だけで見事に全身を水平に保つ、五輪選手も顔負けのパフォーマンスを披露。

孫のツイートは瞬く間に10万近くシェアされ、世界中に拡散。

ABC Newsなどのメディアに孫のインタビューが掲載されるに至った。

毎日軽めのウェイトで体を鍛え、このようなパフォーマンスで孫たちを楽しませるクールなおじいちゃんだが、公衆の面前でこの驚異の身体能力を披露したことはないそうだ。

東京五輪観戦にも意欲

スポーツ大好きなおじいちゃんは、1984年のロサンゼルス五輪以来、シドニー、北京、ロンドン、そしてリオまで、これが5回目の五輪観戦となる。

2020年の東京五輪観戦にも意欲を燃やしているとのこと。

東京の地下鉄でも同様のパフォーマンスを披露してくれるかもしれない。