8月9日、DIMEはポスト・イット(R)ブランドと共にプロサッカー指導者のハリルホジッチ氏をゲストとして招いたスペシャルイベント「DIME Business Lounge」を開催した。

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?

◆第一部 ハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術

 メモの鬼として有名なハリルホジッチ氏は、ポスト・イット(R)ブランドのアンバサダーでもある。当選した読者約40名を前に、ポスト・イット(R)製品を使った「手書きコミュニケーション術」について熱弁を振るった。執務室の壁にはTo Do リストや遠征スケジュールなどを貼って自身とチームの予定を常に把握。ミーティングでは「ポスト・イット(R)イーゼルパッド」(762×635mm/画板サイズ)に戦術を図示するとそのまま練習グラウンドにも持ち出して、選手やスタッフがいつでもプレーのポイントをチェックできるようにしているという。

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?

「手書きのいいところは、すぐに書けて、常に目で見て分かることです」

 1日の行動予定は、色分けされた「ポスト・イット(R)強粘着ノート アイディアパック」で整理する。「赤は緊急な用件。例えばサッカー協会の会長とのアポイントとかですね。組織のボスから話があると言われるのは、どう考えても緊急事態ですから」と、ユーモアを交えて解説。さらに「私は試合を視察中にハッと思いついたことも、ミーティングで自分や相手が話したことも、ほとんど「ポスト・イット(R)強粘着モバイルメモ」に書き留めています」というメモ魔っぷりを披露。監督の執務室は、ハリル・メモ=「貼れるメモ」であふれているそうだ。

 そして監督が強調した手書きコミュニケーションの極意は、伝えたい相手に対して、「より人間的な機能を刺激できること」だ。

「相手の前で実際に書くというアクションを行うことによって、アテンションを引き、伝えたい情報に集中させる効果があります」

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?
ハリルホジッチ氏愛用のポスト・イット製品

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?

 監督は普段から使用している「ポスト・イット(R)イーゼルパッド」をイベント会場に持ち込み、フォーメーション図を使った組織戦術の伝え方を、実戦さながらに披露。監督のテンションが高まると、通訳の樋渡さんの口調も激しくなる。同時に、ほとんどの参加者の顔が上がり、監督の表情や身振り手振りに釘付けになった。もし、事前にプリントアウトした資料を一人ひとりに配っていたとしたら、参加者は資料に目を落としていたはず。「より人間的な機能を刺激する」とはまさしくこのようなことだと実感する一幕だった。

「ロッカールームは感情が爆発するように高まります。監督は、勇気を持って戦う雰囲気を作り出すため、ときには叫ぶこともあるのです。そして最後に強い言葉を書いて、選手たちを送り出すのです」

 そう言って監督が書き出した言葉は「Victoire」(ヴィクトワール=勝利)。多くの参加者は、まるで監督から背中を押されてグラウンドに駆け出していくような感覚を味わえたことだろう。

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?

◆第二部 面白い仕事とアイディアを生むポスト・イット(R)製品の活用術

 ハリルホジッチ監督の極意を聞いた後、イベントは第二部に突入。@DIME連載『ビジネスのヒントは「ボツネタ」にあり!』でおなじみのおもちゃ開発者・高橋晋平さんをゲストに招き、「面白い仕事とアイディアを生むポスト・イット(R)製品の活用術」をテーマにお話しいただいた。

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?
おもちゃ開発者/アイデア・コークリエイターの高橋晋平氏。

 「仕事の大半はアイディア会議」という高橋さんにとって、ポスト・イット(R)製品はノート、ホワイトボードと並ぶ会議の必需品だ。

「浮かんでは消えるアイディアを各自がポスト・イット(R)強粘着ノートのパステルカラーに書いて机に貼っていく。貼られたアイディアは、会議のメンバー誰もが素材として自由に使えるようにするわけです。そうすることで思わぬアイディアの組み合わせが生まれ、新しいアイディアとなるのです」

【イベントレポート】DIME Business Lounge Special ポスト・イットを使ったハリルホジッチ流手書きコミュニケーション術とは?

高橋さん曰く、アイディア出しは勢いも大事。「「ポスト・イット(R)製品をこんなにいっぱい使ってやったぜ!」という気持ちになれる会議はいい会議だという持論を展開した。

 国内外累計335万個を販売し第1回おもちゃ大賞を受賞した「∞プチプチ」など、数多くのヒットアイディア玩具の商品開発に携わる盒兇気鵑蓮△修離▲ぅ妊アの源について「メモするクセが激しいから」と自己分析。「思いついたことは忘れてしまうもの。それを逃すまいというクセだけが自分を支えているんです。みなさんも1年間メモする習慣を続けるだけで、確固たるアイディアパーソンになれると思います」と、参加者にアドバイスをしてイベントを締めくくった。

ハリルホジッチ氏のインタビューと詳しいポスト・イット(R)製品の使い方は9/16発売のDIMEでもじっくり紹介予定なので、こちらもお見逃しなく!!

また、今回イベントの会場となった銀座・伊東屋では9月から「ポスト・イット(R)ブランド展」を開催予定だ。ハリルホジッチ氏のポスト・イット(R)製品の活用術を5つの法則としてまとめた「ハリルホジッチ流 勝利の哲学」も紹介予定とのことなので、足を運んでみてはいかがだろうか?

日時:2016年9月1日(木)〜14日(水)
月〜土10 :00〜20:00、日・祝10:00〜19:00
会場:銀座・伊東屋 G. Itoya1Fあづま通り側イベントスペース
   東京都中央区銀座2-7-15
内容:(1)「ハリルホジッチ流 勝利の法則」のパネル展示
   (2)ポスト・イット(R)製品および限定品の展示販売
   (3)ポスト・イット(R)製品のお試しコーナー
   (3)窓ガラスを使ったウォールアート

文/江橋よしのり 撮影/竹崎恵子