オレンジページが女性目線の「防災セット」制作

写真拡大

 生活情報誌「オレンジページ」が、9月1日の防災の日を前に、グッズを開発および厳選した利用シーン別の「オリジナル防災セット」を制作した。公式サイトで販売している。 女性目線の「防災セット」発売の画像を拡大

 「オレンジページ」は、東日本大震災以降、読者からの便りや被災地で生の声を聞く中で、女性目線の防災セットがないということがわかり開発。機能性とデザインの両方にこだわり、イラストレーター加納徳博のイラストをプリントした「防災お役立ち手ぬぐい」(594円)をはじめ、利用シーン別に「非常用バケツセット」(1万6,200円)、「避難用持ち出しバッグセット」(8,424円)、「貴重品ポーチ」(1,058円)をラインナップ。女性が扱いやすい重さや本当に必要なグッズは何かなど、女性チームにより吟味された防災セットとなっている。■オレンジページ:公式ECサイト