写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●2016年のDRAM市場は19%のマイナス成長の見通し - IC Insightsが予測
半導体市場調査会社である米IC Insightsは8月12日(米国時間)付けで、2016年の半導体メモリ市場は前年比11%減になりそうだという見通しを発表した。メモリの中でもDRAMは19%も減少し、2016年の半導体市場全体をマイナス成長へ陥れる元凶となる一方で、NAND型フラッシュメモリは2%増成長すると予測している。

○2016年DRAM市場は前年比19%のマイナス成長へ

2016年は、全メモリ市場にとって良い年ではなさそうで、特にDRAMにとっては悪夢の年になりそうだ。DRAMの最大のユーザーであるデスクトップおよびノートブック型パソコン(PC)の長期凋落に加えてスマートフォンの成長が1桁台に鈍化し、(スマートフォンの画面大型化に伴い)タブレットPCの出荷も減少している。これらが、DRAMの過剰在庫をもたらし、DRAM平均販売価格を下げることを余儀なくされている。

DRAM平均販売価格は2016年通年で16%下落し、DRAMの出荷数量の3%の下落と相まって、世界のDRAM市場は2016年で19%縮小すると予測される(図1)。

IC Insightsが区分した33種類のIC製品カテゴリ中、成長率の観点からDRAMは最悪のカテゴリとなるだろう(図2)。DRAMは2016年の全メモリ市場(前年比11%減と予測)および2016年の総IC市場(2%減と予測)の成長の足かせとなっている。

○DRAM価格は乱高下の連続

DRAM市場で、チップ販売価格が大きく振れることは珍しいことではない。図3に、2007年以降のDRAM平均販売価格の推移を示す。まるでアルプス山脈の輪郭のように、劇的なアップ・ダウンをくりかえし、ボラティリティ(変動率)の高さをあらわにした。DRAMチップの年間平均販売価格は、2013年、2014年にそれぞれ48%、26%上昇し、世界のDRAM市場を毎年3割以上拡大した。この2年間、DRAM市場はもっとも成長し、DRAMメーカーはわが世の春を謳歌した。しかし、この結果、在庫過剰が生じ、2015年後半から2016年前半にかけてDRAM価格が急落した。その結果、DRAM平均販売価格は、2014年に3.16ドルと最高値をつけた後、2015年3.03ドル、2016年(予測)2.55ドルと大きく下げている。

○DRAM価格は下げ止まりやや値上げ傾向

DRAMの平均販売価格は、2016年第2四半期(4〜6月)の終わりころに下げ止まり、2016年後半から2017年にかけてやや値上げ傾向にある。クラウドやIoTのビッグデータを処理するために必要なエンタープライズ(サーバ)システムの売り上げが好調なためである。モバイル機器、特にスマートフォンに使われる低電圧DRAMも底堅い需要がある。スマートフォンの新モデルが今秋に登場するので、この需要が伸びれば、年末から来年にかけてDRAM価格の上昇が期待できる。

しかし、中国勢が徐々にDRAM量産の準備をはじめており、中国での量産が2017年末から2018年にかけて始まれば再び世界規模でDRAMの供給過剰が発生する可能性が高い。今後は、中国の投資動向に注目する必要がある。

●DRAM価格は低下するも第2四半期の総売上高はプロセス微細かで6.3%増
市場動向調査企業である台湾TradeForceの半導体メモリ市場調査部門DRAMeXchangeは8月11日、2016年第2四半期(4〜6月期)のDRAMの市場調査速報を発表した。それによると、DRAMチップの平均販売価格は、前期比5%以上下がったが、グローバルなDRAM総売上高は、ビット供給量の増加で前期比6.3%上昇し91億ドルに達した。米国Micron Technologyの20nmと韓国SK Hynixの21nmプロセスによるDRAM量産が、ビット供給の増加をけん引した。

DRAMeXchangeの調査ディレクターであるAvril Wu氏は、次のように分析している。「エンド・マーケットを見渡すと、第2四半期にノートパソコンとサーバ製品の出荷はいつも通りだったが、スマートフォンが中国で伸びた。このため、大手DRAMメーカー3社は、モバイル製品へのシフトを続けている。DRAMeXchangeは、第3四半期の売上高はピークシーズン前の駆け込み需要でかなり増加するとみている」。

第2四半期のDRAMランキングで、韓国Samsung Electronicsは前期比8.3%の成長をとげ、47.4%という圧倒的なシェアで一位をまもった。2位のSK Hynixも4%成長のシェア26.5%。3位のMicronも8.8%成長のシェア19%。この3社でシェア9割を超え、3社寡占状態に変化はない。これに続く台湾の弱小DRAMメーカー各社のシェアは数%以下である。

○DRAM価格低下で利益減少

DRAM販売価格の低下は、メーカーの営業利益を引き下げた。Samsungの営業利益は、第1四半期には40%だったが、第2四半期には36%に下がった。SK Hynixの場合は24%が18%に低下した。Micronの場合は、相変わらず営業利益はマイナスのまま(-0.6%)だが、前期の-1.2%からは改善した。この改善は、先端製品の生産現場での歩留まりの安定によるところが大きい。

○製造原価が一番低いSamsung

Samsungは、業界に先駆けて導入した20nmプロセスが製造の主流になっているので、3大DRAMメーカーの中で一番製造原価が低い。同社は18nmへの移行を準備中であるが、その製造原価を下げるとともに、出荷量を制限してDRAM価格の下落を何とか防ごうとしている。

SK Hynixは過去半年にわたり21nmプロセスを使ってPC用 DRAMを製造しているが、コスト低減努力で利益率を上げようとしている。Micronは、自社のDRAM製品の中で20nm DRAMのシェアを増やして営業利益を増やそうとしている。今年後半、DRAM価格は上昇が見込めそうなので、同社の売上高も増加するだろう。

○台湾DRAMメーカーは低迷

3大DRAMメーカーから技術的にも売上高でも大きく引き離されている台湾のDRAMメーカーを見てみよう。台湾国内トップのDRAMメーカーであるNanyaは、前期比12.3%減と大きく落ち込んだ。PC用DRAMの価格低下と有力企業による取引延期の影響が大きい。Powerchip Semiconductorも第2四半期の売上高は6.3%減となった。同社はDRAMよりもLCDドライバIC製造に力を入れている。一方、Winbondの売り上げは3.3%増加した。同社は現在モバイルおよび特殊用途向け46nm製品に力を入れている。まもなく、新設製造ラインFab Cが稼働をはじめ、生産能力が月産1万6000枚(300mmウェハ)に増加する見込みである。

○MicronはInoteraを買収するのか?

Micronは2015年暮れに、台湾のDRAMメーカーInotera(Micronは33%の株式を保有)の67%の株式を買い増して完全子会社化すると発表したが、いまだに実行されていない。なぜMicronがこのシェアアップ策をなかなか実行しないのか不明である。2015年秋に中国清華紫光集団がMicronの買収に乗り出しながら失敗したのに続いて、今度は米国大手IT企業がさらに時価総額が下がって買いやすくなったMicronの買収を画策しているとのうわさが出ている。そのためにInotera買収が遅れているのではないか、あるいはDRAM価格低下で同業のInotera買収をあきらめたのではないかなどさまざまな憶測が飛び交っている。

台湾の業界紙であるDigitimesは8月10日付けで、InoteraはMicronの会計財務畑で20年以上に渡り活躍してきたRichard Mealey-Ozawa氏を9日付けでCFOに指名し即日就任したと伝えた。同時にInoteraのPei-Ing Lee会長は、Micronとの交渉は遅れているが進行しており、年内に最新状況を話せるだろうと語った。Micronは予告通りInoteraを買収するのか、それともMicronが米国大手企業に買収されるのか、中国の紫光集団はMicron買収を本当にあきらめたのか、MicronがIntelと共同開発した3D Xpointメモリは本当に同社の利益に貢献し、DRAM不振を補うことができるのか、今後のMicronの動きが注目される。

(服部毅)