15日、国民的アイドルグループのSMAPが解散する知らせは国内のみならず、中国でもメディアがこぞって取り上げ、ネットには解散を惜しむ声が多数寄せられている。写真はSMAPの関連グッズ。

写真拡大

2016年8月15日、国民的アイドルグループのSMAPが解散する知らせは国内のみならず、中国でもメディアがこぞって取り上げ、ネットには解散を惜しむ声が多数寄せられている。

SMAPの解散について中国紙・第一財経日報は、「2014年のSMAPの国内ツアー収益から考えると、SMAPのツアーが全てなくなることでジャニーズ事務所は90億円の損失が出ると思われる。さらに、SMAPがイメージキャラクターを務めている企業に対し事務所は多額の賠償金を支払う可能性もある」と指摘している。

中国では多くのメディアが取り上げ、ネットでは「SMAPほどのグループが解散することに心が痛む。私の会社ではきっと悲しさのあまり会社を休む人が続出するだろう」「東京五輪の開幕式でSMAPの登場を期待していたのに」と解散を惜しむ声が集まった。

さらに、「解散してもSMAPメンバーの影響力は変わらない」「解散しても事務所に残るというが、事務所にはしっかりサポートしてほしい。彼らは皆実力ある人物」と解散後もSMAPメンバーを支持するとの意見が多く見られた。このほか、「まるで国の指導者が他界したような騒ぎようだ」と注目度の高さを伝える声も聞かれている。(翻訳・編集/内山)