左/リズさん 右/杉沢志乃さん ふたりとも脱がない、デビューしないガチの広報担当。『GET!!シリーズ』ではお馴染みの「ゲ〜ット!!」ポーズで撮影

写真拡大

日本列島を酷暑が襲い、全国各地が夏の暑さに悲鳴をあげている。そんなクソ熱い夏によく売れる御三家をご存知だろうか? 

定番のアイス、ビール…そしてなんと、「ナンパAV」なのだ。

素人ナンパAVの元祖で、かつ現役の売れ筋作品を出し続けているのは、なんといっても制作メーカーの「桃太郎映像出版」だ。同社の「素人ナンパ GET!!」シリーズは1998年に発売開始。2016年の今日に至るまで、18年もナンパもの作品を発表し続けている。

特筆すべきは、2004年に結成された男優の阿川陽志さんとDUKE(デューク)監督によるナンパ・タッグだ。ふたりのコンビによって生まれた作品が、12年間もヒットを出し続けているのだ。ナンパものが激減したAV業界の中で、不動の売れ筋の座を今なお保ち、代表作となっている。

そんなGET!!シリーズだが、毎年6月〜8月の夏シーズンには、他の月の売り上げの3倍も売れるのだという。そこで、8月7日にも182作目(!)の最新作「素人ナンパGET!! No.182 京都ナンパ炎上編」が出たばかり。

実は、桃太郎映像出版には“絶対に脱がない美女広報チーム”がいることでも有名なのだが、そこで今回、同チームより杉沢志乃さんとリズさんに「素人男もマネできるナンパのコツ」を聞いてきた!

―ナンパAVって、どうして夏に売上が急に伸びるんですかね。

杉沢 「購入動機が何か」…というデータまではさすがにないのですが、6月から8月にかけて毎年のように売れます。みんなナンパがしたくなる季節なのかな?

リズ ナンパが成功する作品を見たくなるんでしょうかね。メーカーとしても不思議です。

―おふたりとも、よくナンパはされますか?

リズ はい。私はクラブでナンパしますね。

杉沢 ちょっとリズちゃん、今のは「男性によくナンパを『される』のか」っていう質問だよ(笑)。

リズ すいません! 「ナンパしますか?」の尊敬語だと思ってしまいました(笑)。

―「逆ナン上等!」な感じなんですね(笑)。

リズ ナンパは自分でもよくしますし、声をかけられることも両方多いです。セフレの調達にはてっとり早い方法ですよね。付き合うっていうより、ナンパはやっぱりワンチャン(ワンチャンス=1度だけのセックス)狙いだと思うので。

杉沢 でも私の弟は、ナンパがきっかけで知り合った女性と結婚しましたよ。田舎から出てきたばかりの、いいところのお嬢様に上野で声をかけて、そのままゴールインしました。

―杉沢さんの弟なら、単に見た目がイケメンなんじゃ?

杉沢 いやいやいや、うちの弟、全くイケメンじゃないんです。むしろ、ムサ苦しいおっさんです。“美女と野獣”って本当にあるんだなって思いましたもん。お医者様の娘で育ちもとてもいいんですよ。北川●子似の美人さんなんです。

―ナンパドリームがある話ですね(笑)。今日はおふたりに女性目線から見た「ナンパのコツ」を伺おうと思いまして。

杉沢 単にストリートでナンパするよりも、イベント等の趣味を共有する場で出会った人とは仲良くなるスピードが早いです。例えば、自分の場合、格闘技の観戦中に声をかけられて、そこで盛り上がってLINEを交換したことがあります。そのあと何回か、格闘技の試合のたびに会って飲みに行きましたね。

―LINEを交換する具体的なきっかけは?

杉沢 私のほうが格闘技について詳しかったんですよ。だから男性のほうから「試合の見方とか次の試合情報とか教えてほしいからLINEを聞いてもいい?」みたいな流れで。関心のあることが一緒だと、全然イヤな気がしないからガードは緩みます。むしろこっちからどんどん喋っちゃうというか。

―イベント関係は狙いどころですね。

リズ 私は相手の雰囲気次第で、どんな場所で出会おうがOKかな。別に「イケメンに限る」というわけじゃなくて、堂々として自信がある様子の男性がいい。自信が無さそうな人には絶対についていく気にならないです。たまに後ろから声をかけてくる人がいるけど、それもNG。「あの〜」なんて弱々しく声をかけられても、女性は自分のことだってわかりませんよ。スタスタ歩いていっちゃう。

杉沢 たまに弱そうな男のコが声をかけてきて、後ろで他の男たちがニヤニヤしてるパターンってあるよね。

リズ あるある、最悪ですね。自分で声をかけないナンパは論外。あと基本ですが、体に馴れ馴れしく触れないこと。触るのは痴漢と一緒ですよ。東京都だと迷惑防止条例に引っかかって警察に突き出せますし。まずはとにかくアイコンタクトを取ることからですね。

―ナンパに必要な心構えはありますか。

杉沢 「打たれ強さ」だと思います。声をかけられる側としては、忙しいタイミングのこともあるし、自分の身を守るために無視することもあります。その時にいちいちヘコんでいたり、相手を恨んだりするようではナンパに絶対に向いてない。

リズ 私も「ハート」が一番大事だと思います。広い人類愛みたいなものですかね(笑)。ナンパする男性側に気持ちの余裕が見えることが本当に大事。焦りが見えたり、早くどうにかしようとすると絶対にうまくいかない。テンションがただ高いだけの人もダメなんですよ。

杉沢 (GET!!シリーズの男優)阿川さんはとても明るく女性を口説いていくんですが、下心を隠すための明るさとは全く違う。彼が持っている素直な性格が出ているだけなので、嫌味も胡散(うさん)臭さもない。

ナンパにおける「心地よい明るさ」って、すごく大事だと思います。真摯(しんし)に女性とコミュニケーションをして、楽しんでやってるんだなぁというのが伝わります。押し売り的なナンパには、女性はすごくビンカンですからね。

●この続きはこちら! ナンパのプロたちの極意には素人にとってこそ学ぶべき基本が…。

(文/赤谷まりえ 撮影/石川真魚)