Googleマップ上で見られる「ちょっと不思議&スゴい」光景 15選

写真拡大

Googleマップには、不思議な光景がたくさん隠れている。よーく探せば、麻薬カルテルのサインやモザイクで隠された軍基地、南極の大穴、湖底に沈んだ飛行機などを見つけることが出来るのだ。

でも世界が広ければ、Google マップも広い。探せばまだまだ “不思議な光景” があるだろう。ということで今回は、Googleマップで見られる「ちょっと不思議&スゴイ」光景を色々とお伝えしたい。

世界中を鳥になった気分で見渡せる Googleマップ。何時間でも止めらないほど、色々な光景を私たちに見せてくれる。

例えばアフリカ大陸には、ゾウやカバ、バッファローの群れなど動物たちの姿が! 近づかないと分かりづらいが、シルエットから動物であることがたしかに見てとれる。

一方、田園地帯や砂漠などでは、不思議な模様や地上絵なんかを発見することが出来る。チリの「アタカマの巨人」やコカ・コーラのロゴ、どうやって出来たのか分からない螺旋(らせん)アートなんかが残されているのだ。

他にも、上から見たらハーケンクロイツの形をしている建物や、退役した飛行機がどこまでも並ぶ空軍基地、空港に置かれた不思議な色の飛行機などなど、興味深い風景がいくつも存在しているのだった。

参照元:Twisted Sifter、Live Science、Weird Google Earth(英語)、Googleマップ
執筆:小千谷サチ

この記事をロケットニュース24で読む