中国が現在ほどの経済成長を遂げる前までは、人びとの交通手段は「自転車」が中心だった。数多くの中国人が自転車に乗って道路を一斉に走行する映像や写真を見たことのある人もいるだろう。だが、中国は今や世界最大の自動車大国であり、誰もが自転車に乗っている光景は過去のものとなった。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国が現在ほどの経済成長を遂げる前までは、人びとの交通手段は「自転車」が中心だった。数多くの中国人が自転車に乗って道路を一斉に走行する映像や写真を見たことのある人もいるだろう。だが、中国は今や世界最大の自動車大国であり、誰もが自転車に乗っている光景は過去のものとなった。

 中国では自動車こそ経済成長の証であり、自動車は自らの地位を示すツールとして認識されているためか、世界3位の経済大国である日本が実は自転車大国であることが中国人にとっては驚きの事実のようだ。

 中国メディアの橘子娯楽はこのほど、日本の人口100人あたりの自転車保有台数が中国を大きく上回っていることを紹介、「日本はアジアにおける自転車大国だ」と伝え、なぜ日本人は自転車に乗るのかと疑問を投げかけた。

 記事は、「日本人の生活水準は高いというのに、なぜ日本人は自転車に乗るのか」と主張、自動車ではなく自転車に乗る理由がよく分からないと論じた。一方、日本には独特な自転車文化があるとし、日本には買い物カゴやチャイルドシートが取り付けられた自転車があり、小さな子どもを育てる女性にとっては日常生活で重要な役割を果たしていること、日本では自転車が歩道を走行できる世界的にも数少ない国であり、自転車に乗っている人は自発的に歩行者を優先することで、自転車と歩行者が上手に共存できていることを伝えている。

 人びとが豊かになり始めた中国では、自転車は貧しかったころの乗り物というイメージがあり、自転車の利便性がまだ見直されていない状況と言える。消費に対する概念が成熟すれば、自転車がいかに便利なものか見直される時が来ると予想されるが、その時は中国は自動車大国だけでなく、世界一の自転車大国となるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)