15日、リオデジャネイロ五輪のテニス男子シングルスの3位決定戦で、日本の錦織圭が銅メダルを獲得した。この快挙に、韓国のネットユーザーからも称賛のコメントが寄せられた。写真は錦織圭。

写真拡大

2016年8月15日、韓国・エックスポーツニュースは、リオデジャネイロ五輪のテニス男子シングルスの3位決定戦で、日本の錦織圭が銅メダルを獲得したと伝えた。

第4シードの錦織圭は15日(日本時間)、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦し、セットカウント6−2、6−7、6−3で勝利し、銅メダルに輝いた。テニスで日本がメダルを獲得したのは、1920年のアントワープ五輪で熊谷一弥が銀メダルを獲得して以来、96年ぶり。

この快挙に、韓国のネットユーザーからも多くの称賛コメントが寄せられた。

「錦織かっこいい」
「日本がうらやましい」
「価値のあるメダル。錦織最高!」

「日本は東洋人には不可能と思われていた種目でメダルを獲得している」
「錦織選手は本当にうまい。準決勝でマリーとさえ当たらなければ決勝に行けたのに」

「錦織選手はアジアのプライド。フィジカル面で不利にもかかわらず、ナダルやジョコビッチに勝利する。錦織選手にできるのだから、韓国人選手にもできるはず!」
「悔しいけど、錦織選手が素晴らしい選手であることは認めざるを得ない」

「アジア人がナダルに勝つなんて!アジア人がテニスでメダルを取るなんて!」
「テニスのランキングでアジア人選手がトップ10に入っていることが奇跡。錦織選手が韓国人だったら、パク・チソン級の英雄として崇められていただろう」(翻訳・編集/堂本)