電車内で「脇チラ」「胸チラ」が狙われている!注意のポイント

写真拡大

 つり革に掴まって腕を上げるという、日常ではあまりない姿勢をとる電車の中。実は、そんな車内で女性の脇まわりのチラ見えをチェックしている男性がけっこういるんです。

◆電車内のチラ見えを調査

 今回、300人の男性を対象に女性のチラ見えについてアンケートをとったところ、けしからんコメントが続々と……。

「露出してる女のコを探して、その前に立つようにしている」(♂・39歳・IT)

「一番端のコをドア横から覗き込んでいる。女も端で見えないと思っているのに、自分だけが見えているという征服感がたまらない」(♂・36歳・銀行)

 とんでもないですね。女性のみなさん、電車の中では端にいるからといって油断しないように!

◆座っているときもご用心

 つり革だけでなく、電車の中で座っている時も、目の前に立っている男性からちょうど胸元が見えやすい位置になるので注意が必要です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=555378

 電車の中で胸元や脇を見られることに対し、女性たちにも意見を聞いたところ、「見られて減るものじゃないし勝手に見れば?」(♀・38歳・人材)といった寛容すぎるコメントが多かったのが驚きです。

 また、「電車内で見知らぬ人に見られるのは仕方ない。見られるような格好をしている自分も悪い。ただ、社内で男性社員にジロジロ見られるのは気持ち悪い」(♀・29歳・電機)という女性も。まあ、写真のような格好をしていたら見られても仕方ないですが、夏場は男性に見られたくて薄着しているわけじゃないですからね……。

◆結婚式や駐輪場でも…

 また、電車やオフィス以外でも、「結婚式という神聖な場所で記帳するので無防備になっていて、とてもいい」(♂・35歳・商社)、「自転車のカギを開けようと苦労している姿も萌える」(♂・34歳・福祉)と、さまざまなシーンで男の視線は女性の胸元を狙っている模様。

 そんな男性の習性に対し女性たちは、「前かがみになるときやしゃがむときは胸に手を当てて服を押さえながらするように気をつけたい。でも、あまりやりすぎると自意識過剰と思われないかな……」(♀・36歳・医療)と複雑な感情を覗かせる一方、「布が見えただけで喜ぶ男の気持ちが理解できない」(♀・37歳・食品)という冷めた意見も。

 確かに単なる布でしかないのですが、本来見えてはいけないものが見えてしまった時の視線の吸引力ってありますよね。見られたくない女性はこの記事を参考に自衛してくださいね。

― 男性がドキっとするチラリズム【4】 ―