いかに有益か、いかに効率的かということばかり追いかけてしまいがちな現代だが、筆者はムダと思われるようなことこそ、往々にして人生を充実させるものだということを知っている。15万点以上もの作品を残しながら1点も公表することなく人生を終えた写真家ヴィヴィアン・マイヤーのように、何のためでもないことに生涯をかけて熱中できるとしたら、それはとても価値のあることだ。

というわけで、我が人生を充実させるべく、ムダを極めた男に会いに行った。

日本が誇る怪力の持ち主「握力王」こと新沼大樹氏である。

なんと166kg!日本最強「握力王」の気絶するまで握りこむトレーニング

人生がどうのこうのと書いたが、まぁ完全に怪力マニアである筆者の趣味で握力強化のコツを聞いてきた。どうかお付き合いいただきたい。

■成長のカギは「集中」と「持続」

キャプテンオブクラッシュグリッパー(以下COC)というトレーニング機器がある。

アメリカで生まれたこの握力強化グリッパーが、握力マニアの間では強さの指針となっている。

なんと166kg!日本最強「握力王」の気絶するまで握りこむトレーニング

COCは強度の違いによって種類があり、最上位モデルのNo.4(166kg!)を閉じられた人間は世界でも数人しかいない。そのNo.4を閉じた証拠を持つ唯一の日本人が新沼氏だ。

---握力を鍛えようと思ったきっかけは?

高校生くらいのときからトレーニングは好きで、指で懸垂、指で腕立て伏せとか毎日やってましたね。移動は基本、ジョグでしたし。大学生のときはバーベルを使うようになってボディビルトレーニングに励んでいました。ただ、大学院生のときに腰を痛めて、そのときは握力くらいしか鍛えられなくて…。そこでCOCに出会いました。そこからですかね、本格的な握力トレーニングは。(新沼氏)

---トレーニングの内容は?

とにかくグリッパーを握る。No.2(88kg)から始めたのですが、最初は閉じられませんでした。でも「閉じられるだろ」と思ってひたすら握ってたら2週間ぐらいで閉じられましたね。No.3(127kg)からは結構キツいんですが、これもケガで1か月ほど握力トレーニングを休んだら、再開後にすぐ閉じられました。(新沼氏)

---握力トレで大事な点は?

決意です。

「このグリッパーを絶対に閉じる!」という信念を持って握りこむことです。最大筋力というのは神経系が重要で、その人にとって生半可では閉じられない強度のグリッパーを一発ガツンと閉じるというトレーニングが神経系を育てます。筋肉を育てるという観点では7〜8回程度を繰り返すことが限界の負荷で数セットというのが正解とされていて、それはそれで必要なトレーニングではありますが、握力に限らず最大筋力を上げたいなら、1〜2回というような少ない回数が限界の負荷で、それこそ死ぬ気で挑むということが大事だと思います。一瞬意識が飛んで視界が白くなるまで気合いを入れて握るってことです。(新沼氏)

なんと166kg!日本最強「握力王」の気絶するまで握りこむトレーニング

ただ、他のNo.4(166kg)を閉じた人の話なんか聞くと人それぞれ色々な方法論があって、基本はあるものの本当に効果的なトレーニングは「これだ」というのは言い切れない。僕が思うに、何より大事なのは時間かなと。握力を強くするために費やした時間、試行錯誤して頑張ったその時間こそが成長につながるように思います。ベンチプレスの世界なんかでも「10年挙げて分かる」みたいな言葉がありますが、コツコツと積み上げることが大事なんです。(新沼氏)

意識を失うトレーニングとはもはや想像もつかない世界だ。やはり何事においても世界のトップクラスにいる人間というのは並外れている。だが、新沼氏は何も握力で生計をたてているわけではない。IT系の会社を創業した取締役であり、握力はあくまで趣味である。それなのに気絶するほど追い込めるというのは、新沼氏にとって「握力」はそれだけ「楽しい」のであろう。

■遠回りして人生を楽しむ

普段の原稿だとオススメのスポーツやエクササイズを紹介しているが、今回は別に握力トレーニングにはこんな素晴らしい点があるから皆さんに勧めたい、というわけではない。新沼氏本人も「生きるためというなら下半身のトレーニングの方が有効だし、クオリティ・オブ・ライフを高めるならヨガとかやった方が良い」と言っている。

だが、何かの道を極めようという人の言葉には含蓄があり学ぶことは多い。良いカラダを作りたい、ダイエットしたいという人にも言えることだと思うが、目標に到達するのに近道はないということだ。イチローも「間違えて遠回りするのが、本当は上手くなる近道だ」と言っている。「簡単にヤセる」「◯日間でマイナス5kg」などと理論上効率的と思われるような情報が簡単に手に入る昨今だが、試行錯誤しながら自分にあった方法を探すことが、実は目標達成には重要なのだ。

有益であること、効率的なこと。そんなことは仕事でもなければ考えない方が良い。いや、仕事でだってそんなのクソ食らえだと筆者は思ってる。実は回り道が結果的には近道であることが多いなんていう副産物もある。

でも一番大事なのは、何のためでもないけど、楽しそうな方に全力で突っ走る人生ってのは幸福度が高そうだってことだ。意味はないかもしれないけど、自分がリンゴをつぶしたり、トランプをちぎったりできる人間として生きていくのも、とても楽しそうじゃないか。

アナタにとって楽しいことがすでにあるなら、気絶するまで熱中してみよう。まだないなら、楽しそうなことを探そう。きっと毎日がもっと楽しくなるはずだ。

なんと166kg!日本最強「握力王」の気絶するまで握りこむトレーニング

新沼大樹

日本最強の握力を持つ男。ウェブページのアーカイブを記録する「ウェブ魚拓」を運営する株式会社アフィリティーの創業者でもある。また、対戦ゲーム「電脳戦機バーチャロン」のプレーヤーとしても全国的に有名。

【握力パフォーマンス動画】

<指でリンゴつぶし! …最後に破裂!!>

<トランプちぎり…>

取材・文/太田史郎(おおた・ふみお)
フリー編集&ライター。最新モノ情報はもちろん、スポーツ、音楽&ダンス事情にも詳しい。