マーベル対DC、「興行収入バトル」を制するのはどっちだ?

写真拡大

アメコミの2大巨頭、マーベル・コミックとDCコミックのヒーローたちが闘っているのは悪役だけじゃない。映画化作品の「興行収入」においても彼らは闘いを繰り広げているのだ。2つのアメコミのバトルの歴史を、動画で振り返ってみよう。

「マーベル対DC、「興行収入バトル」を制するのはどっちだ?」の写真・リンク付きの記事はこちら

30年前は、スーパーマンやバットマンといったDCコミックスのキャラクターたちが映画館を席巻し、マーベル・コミックのスーパーヒーローたちはチャンスをつかむことができなかった。

だが2016年のいま、マーベルのさまざまなヒーローたちが同じ世界を共有する実写映画化シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニヴァース」は、スター・ウォーズや007のような人気シリーズさえも上回る、史上最も稼いだシリーズ作品となっている。

だからといって、マーベルが永遠にトップの座に居座れるとは限らない。DCコミックスは、マーベル・シネマティック・ユニヴァースを引きずり下ろすべくスーパーヒーローものの映画を大量に制作中だ。それに、アメコミ原作映画が、映画ファンに完全にそっぽを向かれる可能性だって常にある(スティーヴン・スピルバーグは、西部劇が廃れたようにスーパーヒーロー映画もいずれ廃れると思っているという)。

だが、ヒーロー映画が廃れることがなければ、作品をつくるための題材は十分にある。マーベルとDCコミックスを合わせると、約1万7,000のキャラクターがいるのだ。これだけキャラクターがいれば、マーベルとDCは今後3,400年にわたって競い続けることができるだろう。

ぜひ冒頭のストップモーションの動画で、興行収入におけるスーパーヒーロー対決を見てほしい。

関連記事ヒーローたちに学ぶ、ブロックバスターのつくり方