年金払わない

写真拡大

結婚した途端、夫の家族も自分の家族に…。だからこそ、結婚前に相手の家族を知ることは重要だが、恋する気持ちが先走り、婚約時代はそんなところにまで気が回らないのが実情。「頻繁に会うわけではないし、なんとかなるよね!」そんな甘い考えが、老後重くのしかかってくることも…。そこで今回、独身の義兄弟に悩まされるママたちが登場。本音DE座談会を開催した!

●年金も払わない義兄に辟易

A子「仲良しのママたちとのトークも深まって、何でも話せるようになると、意外とどの家庭も、必ず1人は独身の兄弟がいるんだなと思う。それが自分の兄や姉であればまだいいけど、夫の兄弟ともなると話は別問題!」

B子「ここにいるメンバーもそうだけど、たしかに“夫の兄がまだ独身でね〜本当に困るのよ〜”とかこぼすママはけっこういる」

C子「独身の兄弟話でママ友との関係がさらに深まることもあるよね。“わかる〜”みたいな感じで」

A子・B子「あるある!( 笑)」

A子「うちの場合は夫の兄が独身なんだけど、夫の両親が長男を可愛がり過ぎたのか、いまだに独身で仕事も転々とする始末。50歳にもなるのに、高齢のお母さんにまだお金の無心をしているようで、ホント将来が不安だわ〜。ゆくゆくは、弟の旦那に無心するようになるんじゃないかしら? って…。聞けば、どうやら年金なんかも払っていないらしいの(汗)」

B子「それはヤバい! 老後どうするつもりなんだろ? 恐怖だわぁ。うちは夫の弟ね。やっぱりこちらも独身で、なんとお弁当屋さんでアルバイトの身。さらに手に負えないのは、2年に1回くらい借金を作っては、夫に泣きついてくるの(怒)。どうしても、キャバクラ通いやパチンコがやめられないみたい。夫はバカがつくくらい生真面目なんだけど、同じ兄弟で、どうしてこうも違うのか?」

C子「うちは夫の妹。そこそこかわいいのに38歳でいまだ独身。銀行で事務をやっているからお金の心配はないはずなんだけど、私たちの家族旅行にも毎回ついてきて、その代金も私たちが支払わなきゃいけないから結構痛い。私がケチなのかもしれないけど、“そのお金があれば、家族水入らずで高級レストランで食事できるのに…”と思うと、旅行中も常にイライラして、リフレッシュにならず(笑)」

A子「男ってどうしてああもカッコつけなのか? と思うよね。兄弟や両親の前で、いいカッコしすぎなんですけど〜。だいぶ前の話になるんだけど、なんと義兄は、年金に続いて国民健康保険のお金も滞納していたのよ! “親に払わせるには大金すぎるから…”って夫が半額負担したの。まったくもって、真面目に生きたもん負けだわよ(笑)」

B子「そうそう! 真面目に働いて、真面目に暮らしている私たちが損をするって、どうしても納得できない。私なんか、義弟の将来を考えると、いつ私たちに降りかかってこないか、不安で眠れない時もあるのよ。鬱になったら彼のせいだわ(笑)」

C子「うちは妹だし女だから、例えこの先独身でも、身の回りの世話には困らないからまだいいけど、男の兄弟は老後が問題よね〜。両親が亡くなったら、いったい誰がお世話をするのかしら?」

A子・B子「……」

A子「そもそもうちは次男だけど、夫の両親ならともかく、義兄の身の回りのお世話なんて絶対に無理だわ。マジでどうしよ〜」

B子「これはもう、一刻も早く結婚してもらうしかないわよね。でもアルバイトじゃなぁ〜(笑)」

C子「ひとつだけ言えるのは、大事なわが子を、彼らの様な大人にしないように育てようとは思うよね。これぞ反面教師(笑)」

A子「なんだか笑い事だけじゃすまなくなってきたなぁ〜。夫は兄の話になると逃げてばかりだから、私が本気で考えなきゃ。いい機会を与えてくれて、ありがとうございました!」

(取材・文/吉富慶子)