生ハムと焼うどんの西井万理那、東理紗(写真左から)

写真拡大

8月14日の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、夏の特別企画『“ちょいDEEPスペシャル!!”〜関ジャニ∞に知ってほしいネクストブレイクアーティスト〜』が放送された。

関ジャニ∞も驚かせた“生ハムと焼うどん”って一体何なの?

でんぱ組.incなどを手掛ける音楽プロデューサー・もふくちゃんは、avexのアイドル専用レーベル「iDOL Street」第4弾グループ・わーすたと常識を覆す(JK)ユニット・生ハムと焼うどんを推薦。

関ジャニ∞に知ってもらいたいアーティストとして、もふくちゃんが「生ハムと焼うどんです」と紹介するや、村上信五は「もうええ加減にしてくれよ〜」とあきれつつも、生ハムと焼うどんは赤坂BLITZで1000人ライブを行った、手売りで完売させた、全てセルフプロデュースであるなどと“伝説”が語られると「えー! もうBLITZでやってるんや…すごいな」と、村上を筆頭に他の関ジャニ∞メンバーも仰天。

VTRで彼女たちの名曲「たまごかけごはん」の導入部分となる寸劇が流れると、大倉忠義は「何してんの?」と苦笑いしながら、「結構ウケてんなあ。客もすっごい盛り上がっているやん」と驚きを隠せない様子。

また、ライブの様子を見た人気芸人・小籔千豊は「頭が変になりそうです」と苦笑いしつつも「でも、すごいキレがあるし、まさかあの子たちが一生懸命手売りして頑張っているなんて、思わへんからね」と感心しきり。最初はあきれていた村上も「すっごいなあ。きょうは!」と、“お腹いっぱい”になっていた。

VTRのみでの出演でも爪痕を残した“生うどん”の2人。同じテレビ朝日の“音楽の殿堂”「ミュージックステーション」でタモリらと絡む日も、そう遠くない…のか?

そんな彼女たちは最近立て続けのテレビ出演で、各種サイトの急上昇ワードに度々登場することになったが、テレビで抜粋された映像ではまだまだ魅力の全ては分からないはず。

10月21日(金)に行われるワンマンライブに行ったり、YouTubeでライブ映像を見たりして、どっぷりじっくり観察してみては? 恐らく時間を無駄にした、とは思わないだろう。

そして“今会えるアイドル”ならぬ“今一緒に遊べるアイドル”生うどんの、距離感の近さを堪能しよう。