レーティング:アーセナル 3-4 リバプール《プレミアリーグ》

写真拡大

▽14日にプレミアリーグ第1節のアーセナルvsリバプールが行われ、4-3でリバプールが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

33 チェフ 5.0

スーパーゴールも多かったが結果として4失点

DF

24 ベジェリン 5.5

モンレアルとバランスを見ながら高い位置を取る

16 ホールディング 5.0

逆転を許した場面では対応が遅れ、コウチーニョの2点目では相手に前へ入られた

21 チャンバース 5.5

前半終盤にパスを奪われて危ない場面を作る。セットプレーからゴールをマークした

18 モンレアル 5.5

高い位置を取って攻撃に幅を作るも、守備では裏を狙われる場面も目立った

MF

14 ウォルコット 6.5

PK失敗の汚名返上。大事な開幕戦でチームに先制点をもたらした

34 コクラン 5.5

先制点の場面では自身のボール奪取からゴールが生まれたが、徐々に存在感をなくす

8 ラムジー 5.5

うまくボールに触りながら攻撃を組み立てるも、劣勢となった後半に負傷交代…

(→カソルラ 6.0)

劣勢の中での投入も中盤を落ち着けアシストも記録

35 エルネニー 6.0

前半は相手のギャップに顔を出しながらうまくボールを受けるも、後半は試合から閉め出された

(→ジャカ 5.5)

球際でしっかりと戦うなど自身のタスクをこなした

17 イウォビ 5.0

やや存在感が希薄だった。後半早い時間帯に無念の負傷交代…

(→チェンバレン 6.0)

交代早々にゴールを奪って流れを引き寄せる

FW

7 サンチェス 5.5

裏を狙うなど深さを作るも、シュートシーン自体は少なかった

監督

ヴェンゲル 5.0

後半の連続失点を止められず痛恨の逆転負け

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

22 ミニョレ 5.5

見事なPKストップを見せるが、チェンバレンのゴールは防ぎきれた

DF

2 クライン 5.5

前半は攻め上がるA・モレーノに手を焼くも、後半は高い位置を取れるようになりアシストを記録

6 ロブレン 6.0

球際で激しさを見せる。アグレッシブなディフェンスで守備を引き締めた

17 クラバン 5.5

A・モレーノのカバーに奔走するなどバランスを見たプレー

18 A・モレーノ 4.0

前半にロングボールの処理でエラー。PKを献上し、徹底して裏を狙われるなど、開幕戦とはいえお粗末なプレー

MF

5 ワイナルドゥム 6.0

ララナとうまくポジションを変えながらプレー。そのララナのゴールをお膳立てした

(→スチュワート -)

14 ヘンダーソン 5.5

前半こそ押し込んでくるアーセナルに対して後手となるも後半はうまくパスを散らした

20 ララナ 6.0

チームに勢いをもたらせる逆転ゴールを奪った

(→オリジ -)

FW

19 S・マネ 6.0

前半こそおとなしいプレーだったが、ゴールシーンはさすがの突破力をみせる

11 フィルミノ 5.5

周りと絡みながら攻撃を構築。積極的にシュートを放つ場面もあった

10 コウチーニョ 6.5

嫌なムードの中で同点となる直接FKを叩き込むなど2ゴール1アシスト。負傷交代が残念だった

(→カン 5.5)

途中出場もうまくゲームに入り込んだ

監督

クロップ 6.0

課題は残るもなによりも結果が大事な開幕戦で逆転勝利

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

コウチーニョ(リバプール)

▽嫌な流れの中で直接FKを叩き込み、チームの3点目を奪うなど躍動。負傷交代後のチームが攻撃を組み立てられなかったことが彼の偉大さを表している。

アーセナル 3-4 リバプール

【アーセナル】

ウォルコット(前31)

チェンバレン(後19)

チャンバース(後30)

【リバプール】

コウチーニョ(前47)

ララナ(後4)

コウチーニョ(後11)

S・マネ(後18)