最終組で回るステンソン(左)とローズ、金メダルはどちらの手に?(撮影:GettyImages)

写真拡大

<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 最終日◇14日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>
 「リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子」の最終ラウンド。首位から出たイギリス代表、ジャスティン・ローズは前半で3つスコアを伸ばしトータル15アンダー、首位の座を守りバックナインのプレーに入った。
辞退したはずなのに…五輪会場にニセマキロイ登場
 1打差で追走するのは今季の「全英オープン」覇者、スウェーデン代表のヘンリク・ステンソン。トータル11アンダーの3位には11ホールを消化し6つスコアを伸ばす猛チャージをかけている米国代表、マット・クーチャーがつけている。
 日本代表の池田勇太は一時、トップ10以内に入っていたが後半の2つのボギーが響き現在トータル4アンダー、暫定16位タイで終盤のプレーに入っている。片山晋呉は5つスコアを伸ばしトータル8オーバーでフィニッシュ。最後の最後に意地をみせた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>