気軽に楽しめるシャンパンカフェが銀座にオープン

写真拡大 (全7枚)



2016年8月1日(月)、銀座にオープンした シャンパンカフェは、ソムリエ厳選のシャンパンを気軽に楽しめる“ちょいシャン”を提案。仕事帰りの1杯が、おしゃれになるかも。

◆銀座で“ちょいシャン”。厳選されたシャンパンをカジュアルに楽しめるシャンパンカフェが登場

仕事帰りに飲む1杯のシャンパン…そんな「自分へのごほうび」に憧れていた私。ハイクオリティなシャンパンがリーズナブルな価格でカジュアルに楽しめるシャンパンカフェが登場したと聞けば、これは見逃せない。

2016年8月1日(月)、銀座にオープンした「bubbles ginza champagne cafe(バブルズギンザ シャンパンカフェ)」は、女性が一人でもふらりと立ち寄れる“ちょいシャン”スタイルを提案するお店。

厳選されたシャンパンは、ミシュラン三つ星獲得のレストラン「ジャン・ジョルジュ」の東京店のソムリエがセレクトした最高のラインナップ。グラス1杯が980円から手ごろな価格でいただけるうえ、シャンパンカクテルも約20種(800円〜)が揃うそう。

「どれにしようかな」という気分のときには、日替わりのおすすめ3種をグラスで提供する「シャンパンアンサンブル」(2200円)を試してみたい。



◆英国王室御用達も。世界のレストランでセレブを魅了したシャンパンが気軽に味わえる

店舗スタッフの方に若い女性におすすめのシャンパンを伺ったら、幅広いお料理に合うという英国王室御用達の「ローラン・ペリエ ブリュット」(グラス1000円、ボトル7600円)の名前が。

「柑橘類のフレッシュな香りで、スモモや洋梨の優しい果実の味と落ち着いた酸味のバランスが良い、夏にぴったりの少し辛口のシャンパンです」(店舗スタッフ談)

このほかにも、世界の名店がハウスシャンパンに選ぶ「キャティア」(グラス980円、ボトル6800円)など、甘口から辛口までバランスよくセレクトされているとか。



◆仕事帰りの1杯だけでなく、2軒目にもピッタリの「泡ツマ」が豊富にラインナップ

17時からのディナータイムは、シャンパンの味を引き立てるおつまみ「泡ツマ」を12種も用意。有機エキストラバージンオイルで24時間マリネした「蛸 烏賊 海老 とセロリのマリネ」(900円)や、パルマ産の高級プロシュートも入った「生ハムとサラミの盛り合わせ」(1200円)などが味わえる。



サーモンのタルタル シャンパンソース(¥1800)

◆“キヌア”を使ったサラダ専門店として楽しめるランチタイムも見逃せない!

昼は、話題の「スタッフドバケット」と注目のスーパーフード「キヌア」を使ったサラダの専門店として、「生ハムとアボカド、モッツァレラチーズの雑穀パワーサラダ スタッフドバケット付き」(1200円)などのランチメニューも提供。

厳選のシャンパンを気軽に楽しめるカフェから、私の“ちょいシャン”文化が始まりそう。





TEL.03-5524-3377
東京都中央区銀座2-8?8
アクセス:東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩2分、「銀座駅」より徒歩3分
営業時間:ランチ11:00〜17:00、ディナー17:00〜24:00(フード.LO 23:30、ドリンク.LO 23:45)
定休日:無休
席数:15席 (カウンター7席、テーブル8席)
喫煙・禁煙:禁煙 ※お店の外に灰皿設置
カード使用:可 (VISA MASTER JCB AMEX Diners)
予約:ディナーのみ可

WRITING/Naoko Yoshida(Hachidori)