13日、ロシアで先月30日から熱戦が繰り広げられてきた「国際アーミーゲーム2016」が閉幕した。19カ国の121代表チームが陸海空の23種目で競い合い、中国は1種目で優勝、18種目で準優勝、2種目で3位の成績を収めた。写真は中国軍。

写真拡大

2016年8月13日、ロシアで先月30日から熱戦が繰り広げられてきた「国際アーミーゲーム2016」が閉幕した。19カ国の121代表チームが陸海空の23種目で競い合い、中国は1種目で優勝、18種目で準優勝、2種目で3位の成績を収めた。中国新聞網が伝えた。

ロシアは最も注目される「戦車バイアスロン」など20種目で優勝。カザフスタンは狙撃兵の腕を競う競技と砲兵射撃の技術を競う競技の2種目で優勝。中国は軍用犬ハンドラー(訓練士)の種目で優勝した。

中国の中央軍委訓練局指導処の蔡躍東(ツァイ・ユエドン)処長は「準優勝の種目が多かったが、優勝チームとの差はあまりなかった。全体的な成績は昨年を上回り、大きな進歩がみられた」と述べた。(翻訳・編集/柳川)