暑さで食欲が落ちる真夏、そうめんばかりで栄養はちゃんと摂れていますか? 紫外線を浴び、汗をかく分、ビタミン、ミネラルも必須です。

今回は、フードスタイリストの岡本ゆかこさんに、夏バテ気味の体に嬉しい、疲労回復のためのサラダレシピを教えていただきました。

■必要な栄養を補って夏バテ防止

岡本さんは、都内で増えているサラダ専門店のレシピ提供なども手掛けている方。

「夏には特に汗をかくため、汗と一緒に排出されるミネラルを補う必要があります。ミネラルが多く含まれている、果物、ナッツ、乳製品、大豆製品など摂りましょう。また摂取した栄養を効率よくエネルギーに変えるために、ビタミンB群を補うのも大切です」。

ビタミンB群を多く含む食材には、赤身の豚肉、鰻、大豆、卵、にんにく、カツオ、マグロなどがあります。

■美味しく元気に!豚とえのきのサラダ麺

一皿でビタミン、ミネラルが摂れ、簡単にパワーチャージできるサラダ麺。そうめんにビタミン豊富な豚肉をプラスし、夏の栄養不足を防止します。そのうえヘルシー素材のえのきでカロリーオフしながら、旨みもプラス。たっぷりの青梗菜、香味野菜のミョウガで、食欲をかきたてるレシピです。

<豚とえのきのサラダ麺>

【材料】

・豚こま肉・・・60g

・えのき・・・1/4パック

・青梗菜・・・1/2株

・ミョウガ・・・1本

・ごま・・・少々

・ごま油・・・大さじ1/2〜1

・塩・・・少々

・粉末チキンスープ・・・小さじ1/2〜1

・塩コショウ・・・少々

・そうめん・・・1束〜1と1/2束

【作り方】

(1)フライパンに水を半分入れ、沸騰させ、豚こま肉、次にえのきを茹でる。ザルにあけ、ごま油(小さじ1)と塩コショウ少々をまぶしておく。

(2)青梗菜は1cm幅に切り、ボウルに入れ、塩をまぶし、しんなりしたら、水を絞っておく。ミョウガは薄切りし、水にさらしたら、水気を切る。

(3)そうめんを茹で、水でよく洗い、粉末チキンスープ、残りのごま油を絡めておく。

(4)そうめん、豚肉えのき、青梗菜、ミョウガを器に盛り、ごまをふって出来上がり。

サイドメニューには、豆腐やトマトにパクチーとナッツ(アーモンド・くるみ・サンフラワーシード)を添え、亜麻仁オイルやエゴマオイルと塩をパラリとかけたメニューもおすすめとのこと。

豚肉えのきのごま油和えは、作り置きしておけばさらに簡単。「野菜にのせたり、スープに入れたりと重宝します」と岡本さん。

手軽に作れ、ボリュームがあるので男性にも喜ばれそうな一品です。「疲れたな」と思った時にぜひ作ってみてくださいね。

【関連記事】

痩せたい人は…食べるだけ!「脂肪燃焼をスルスル進める」意外食材3つ