▽明治安田生命J2リーグ第29節のV・ファーレン長崎vsツエーゲン金沢が14日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、0-0で終了した。

▽ここまで9勝9分け9敗で11位の長崎と、同5勝9分け14敗で21位の金沢が対戦。前半は一進一退の攻防で進む。金沢は8分、ボックス右の中美が枠内シュートに持ち込むも、GKにセーブされる。

▽徐々に巻き返した長崎だが、アタッキングサードでの質を欠いて決定機創出までには至らない。すると、金沢が30分に再びチャンス。左サイドで仕掛けた野田がボックス左から枠内シュート。しかし、これはコースが甘くGKに弾かれる。

▽迎えた後半、徐々に押し込んだのは金沢だったが、長崎GK大久保の好守もあって、なかなか追加点を奪うことができない。

▽結局、試合は両者共にゴールが遠く、0-0で終了。勝ち点を分け合っている。