シャネル・ネクサス・ホールでイタリア人写真家夫妻の展覧会「他者」との関係性を表現

写真拡大

 シャネル・ネクサス・ホールが、イタリア出身の写真家ティツィアーナとジャンニ バルディッツォーネ夫妻による写真展「TRANSMISSIONS people-to-people」を開催する。会期は9月2日から30日まで。 CHANELで伊写真家夫妻の展覧会の画像を拡大

 ティツィアーナとジャンニ バルディッツォーネ夫妻は、1977年にマダガスカルでの出会いから作品を共同制作。被写体との親密さを追求し、「他者」との関係に影響を受けた撮影アプローチを特徴としており、日々の暮らしや文化的多様性、環境に焦点をあてた作品を世界各地で発表している。2010年からは知識の伝承をテーマとした写真プロジェクトに取り組んでおり、代表作にはサハラやシベリア、アジア各地の砂漠・雪原・草原で暮らす遊牧民をテーマにした写真集および巡回展「Nomad Spirit」などがある。 今回の新作写真展「TRANSMISSIONS people-to-people」では、ヨーロッパからアジア、アフリカの各地で旅をするなかで100人以上の師弟に出会ってきた夫妻が、知識が伝えられていく過程で見られる感情や創造への感動など、交流から絆が芽生えていく様子などを写真で表現。伝統と革新、世代を超えた交流、文化的な多様性、遺産の保護など見るものから思いを巡らせる機会となることを目指す。■TRANSMISSIONS people-to-people会期:2016年9月2日(金)〜9月30日(金)   12:00〜20:00 (入場無料・無休)会場:シャネル・ネクサス・ホール   中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F