アニメ「D.Gray-man HALLOW」の第7話『第7夜 徒花の真実』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会

写真拡大

テレビ東京ほかで放送中のアニメ「D.Gray-man HALLOW」の第7話『第7夜 徒花の真実』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第7話では、失敗作とみなされ凍結処分になったユウが目覚め、イノセンスと適合。アルマと共に研究所から逃げることを決意したユウは、アルマを見つけるが…/(C)星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会

本作は、シリーズ累計発行部数2350万部を超えるダーク・ファンタジーコミックスのアニメ新シリーズ。19世紀末、殺人兵器「AKUMA」を製造する「ノアの一族」と、それを唯一破壊できるエクソシストらの戦いを描く。エクソシストの少年・アレンは、ノア一族との戦いの中、何者かに筋書きされた「裏」の真実に近づいていく。

【第7話『第7夜 徒花の真実』】

ユウは失敗作とみなされ凍結処分になるも、移植されたエクソシストの気持ちが強く再び目覚める。それと同時にイノセンスが適合。教団に対する怒りを増幅させながらも、アルマと一緒に研究所から逃げることを決意する。途中、負傷したエクソシストのマリを助け、やっとの思いでアルマを見つけたユウだったが…。

なお第7話は、テレビ東京では8月15日(月)深夜1時45分から10分押しでの放送。テレビ大阪、テレビ愛知でも8月15日(月)深夜1時45分から10分押しての放送に変更となっているので注意しよう!