捺印する気持ちが引き締まる!? 刀の柄型印鑑で戦国武将気分に

写真拡大

名刺、ペン、手帳…。ジャパニーズサラリーマンの小道具は、地味であるのが鉄則。しかし、そのなかにあっても、キラリと光る個性や遊び心を見せたいこともありますよね。

そんなあなたに、日本刀の柄(つか)部分を模した印鑑はいかがでしょう? カバンから抜き身のごとく印鑑をさっと出して捺印したら、ちょっとおもしろいかも。

 起業・独立する方へ。世界でひとつのチタン印を

見た目だけじゃない!捺しやすさも考慮された柄デザイン

日本刀の柄(柄巻き)と日本の文化を融合した印鑑「戦国印」が、戦国オリジナルグッズを手がけるONdesignから発売になりました。細部までこだわり作られた戦国印は一本一本職人の手により丁寧に作られています。

これまでのオシャレな印鑑と言えば、通常の印鑑の持ち手部分にペイントを施したり 、ワンポイントでデコレーションするなどしてオシャレ感を演出しているのがほとんど。ですが、それらの印鑑は押し易さについては考慮されていませんでした。「戦国印」は、見た目を重視しつつも押し易さも考慮され、一本一本職人の手により”柄巻き”が施されているのです。

20160814_ONdesign01

つまりは、握りやすい=使いやすいというなかなかの良品なのです。

古来、日本の武家では子供が生まれると、家系の繁栄・子の健康・邪気を払い災厄を免れる護符として、御守刀を子供に預けていました。刀を模した「戦国印」も、御守刀の様に、印影に掘られた名前の方を災厄から守り健康でいられるためのお守りとして使ってみるのもいいですね。

柄糸色は、「赤」「焦茶」「紫」「鶯」「黒」の5種類。印鑑サイズは、小判型(12mm×9.5mmのだ円)。価格は、1本6264円。

ONdesign >> http://www.ondesign-ec.com

(文/&GP編集部)

認め印に使いたい!トヨタ名車が選べる「豊田名車印鑑」

手書きもOK!オリジナルで作れる“チタン製”ハンコ

雨じゃのう、傘でもさすか…気分は戦国武将な傘袋