立ちながら作業しやすい高さに調整可能

写真拡大

パソコン周辺機器メーカーのサンワサプライ(岡山市)は2016年8月8日、電動で天板の高さを調整できるデスク「ERD-Mシリーズ」を発売した。

上下2つのスイッチボタンをそれぞれ押している間、デスクの脚が上下し、天板は高さ630〜1280ミリメートルの範囲を動く。ボタン1つで操作できるので、立ちながら作業しやすい高さに随時調整でき、疲れてきたら座りやすい位置にもすぐに戻せる。

天板の大きさは、幅900、1200、1400、1800ミリの4種類に、奥行き700、800ミリの2種類で、全8種類。

立ったまま仕事や勉強を続けたら、集中力や記憶力がアップしたり、姿勢が良くなったりした事例がある。J-CASTヘルスケアでは16年3月3日付記事「スタンディング・デスク(立ち机) グーグルも推奨『立ったまま仕事』 足腰が鍛えられて姿勢も良くなる」で、詳しく解説している。