【未来はどうなる】自動運転は運転の楽しさを奪うのか?

写真拡大 (全6枚)

道路状況や運転シーンによって使い分けることになる

日産の

「やっぱり、自分で運転をしてこそ楽しい」というドライバーもいれば、「渋滞はクルマに任せてラクしたい」というドライバーもいる。自動運転のレベルにもよるが、苦(ストレス)を減らして、楽(ファン)を増やしたいというのは、多くのドライバーに共通したマインドだ。

つまり、マニュアル運転モードが残る限り、「気持ちよく走れるシチュエーションは自分が楽しみ、ストレスのたまる渋滞などは機械に任せる」といった使い分けをドライバーは選ぶことになると考えられる。

もちろん、なかには気持ちよく走れるシチュエーションがほとんどなく、かなりの部分を自動運転に任せたいと思うユーザーも出てくるかもしれないが……。

もっとも、そうした一般道でクルマに運転を任せられる自動運転技術が市販車に搭載されるのは、まだ先の話だろう。その前に、自動運転技術はドライビングファンを高める制御に使われることが期待できる。

自動運転技術が新たな「ファン」を生み出す可能性をマツダが示した

たとえば、マツダがアクセラに実装する「Gベクタリングコントロール」。これは自動運転技術とはいえないが、ステアリング操作に合わせてエンジントルクを制御することで前後の荷重移動をアシストするという機能である。

かつてマツダの自動運転技術の開発について取材した際、うまいドライバーの操作を反映することで、ドライバーに見本となる理想的な走りを見せるという意識もあると聞いたことがある。そういう意味では、「Gベクタリングコントロール」は、自動運転技術がドライビングファンにつながる可能性を示す一例とみることもできそうだ。

さらに将来的には、ワインディングなどでは自動運転に任せて風景を楽しみつつ、気分によってマニュアル運転でコーナリングを楽しむといった使い方も可能になるかもしれない。これまでドライバーは操作を担うという関係から、列車に乗っているように純粋に車窓を流れる景色を楽しむことはできなかった。

しかし、自動運転が進めば、ドライバーも景色を楽しむ余裕が増えてくることは間違いない。しかも、自分好みのシチュエーションを選んで、自分だけの景色を楽しめる。

自動運転技術の進化により、ドライビングスキルを磨き、その成果を実感するという楽しみ方はスポイルされるかもしれない。しかし、違う楽しみを見つけ、それを享受するユーザーは生まれてくることだろう。

(文:山本晋也)