13日、アクションスターのジャッキー・チェンが、もともとの英語名は「Steve(スティーブ)」だったと語った。写真はジャッキー・チェン。

写真拡大

2016年8月13日、アクションスターのジャッキー・チェン(成龍)が、もともとの英語名は「Steve(スティーブ)」だったと語った。新浪が伝えた。

【その他の写真】

現在、オーストラリアで最新作「Bleeding Steel」を撮影中のジャッキー・チェン。このほどシドニーで現地初となる講演会を開催し、自身の英語名について語っている。

ジャッキー・チェンは子供の頃、オーストラリアの首都キャンベラで一時暮らしていた。ジャッキーの本名は「香港生まれ」という意味を込めた「陳港生」だが、オーストラリア人の先生には発音が難しく、そのため学校で「Steve(スティーブ)」という名前を与えられた。これが最初の英語名だという。

しかしその後、「Jack(ジャック)」に改名。こちらは当時知り合った台湾人につけてもらったものだった。そこから再び進化して、名前の後ろに「ie」を追加。これで現在の形「ジャッキー」となった。ジャッキーによると、これは風水師の指示によるもので、「ie」をつけることで大きな幸運がやってくると言われたという。(翻訳・編集/Mathilda)