愛犬の初盆供養は必要ですか?

愛犬を亡くして、火葬を終えた後49日を過ぎると、愛犬は仏様となって天に迎えられます。
そして、虹の橋を渡って天国でゆったり過ごしている愛犬の魂が、飼い主さんのもとに帰ることができるのがお盆です。

忙しくてなかなか時間が取れないという方も多いと思います。
必ずしなければならない、決まりを守らなければならないなどということはありません。
しかし、愛犬を失った悲しみや辛さを形にすることで、ペットロスの症状を和らげる効果があることも事実です。
自分のできる範囲で、愛犬の菩提を弔うお盆を行うことで愛犬の魂の平穏と、飼い主さんの気持ちの整頓をする良い機会ではないでしょうか。

亡くなった愛犬の初盆について

お盆は通常、8月13日から16日とされています。
8月12日までに四十九日を終えている愛犬は、お盆にお迎えをすることができます。
初めてのお迎えを『初盆』と呼ぶのは人と同じということですね。

お盆までに四十九日が終わっていない場合は、一年後のお盆が初盆ということになります。
カレンダーなどでチェックしておきましょう。

どうすればいいのかわからないときは?

初盆の供養の仕方は、仏教宗派によって様々に違っています。
しかし、動物供養については厳密に決められたルールはありません。
あくまでも愛犬への供養の気持ちを形にする機会ですので、「こうしなければならない」「こうするべきだ」と硬くならずに行えるのがベストだと思います。

以下の内容を参考にして、自分なりの初盆の供養をしてあげるのが良いと思います。

初盆の一般的な供養の方法

愛犬を火葬にしたのち49日を迎えると、霊園などに納骨を行います。
霊園などで火葬をしていない場合、納骨せずお骨を自宅で弔っている場合もあります。
さらに、お骨を頂かずそのまま供養していただいている場合もありますね。

今回はそれぞれについて簡単に説明していきます。

1)霊園などにお墓のある愛犬の場合

8月13日

8月13日に霊園のお墓や納骨堂に愛犬の魂をお迎えに行きます。
その際は、お線香・ロウソク・お花やお供えをもって行きましょう。
お墓や納骨堂で、お供えを飾り、ろうそくに火をつけお線香を炊いて「お迎えにあがりました」と愛犬に気持ちを伝えます。

お墓がある場合は、お墓のお掃除をきちんとしてお迎えをしてください。
霊園などによっては、お盆の法要を行う所もあります。
都合がつく場合は法要に参加してお迎えをするのも良い方法ですね。

8月14日15日

自宅にてお線香・ロウソクをあげ、お水とお供えを用意して愛犬の魂を弔いましょう。
愛犬の思い出や、してあげたかったことなどゆっくり語りかけてあげてくださいね。

8月16日

この日は自宅にてお迎えした愛犬の魂を天国にお送りする日です。
ロウソク・お線香・お供えをしてお墓や納骨堂に魂をお返ししましょう。
自宅でゆっくり飼い主さんとの思い出を楽しんだ愛犬は、天国で楽しくすごすために帰ってゆきます。

2)お骨が自宅にある場合

火葬を行った霊園などに、慰霊碑がある場合はそこにお迎えのお参り・お見送りのお参りに行きましょう。
用意するのは上記の場合と同じです。
14日・15日の自宅での供養も同じようにしましょう。

3)お骨を頂かなかった場合

諸事情により、お骨を頂かない方もいらっしゃいます。
また、ご遺体が見つからず供養のみ行っている場合もありますね。

このような場合は、8月13日に最寄りのお寺やご自宅にて天国にいる愛犬の魂に「お迎えにあがりました」とお祈りを捧げましょう。

自宅でお迎えをする場合は、ロウソク・お線香・お供えを用意すると良いですね。

上記のような方法以外にも様々な供養の形があります。
時間や日にちをとれないから…と諦めず、日にちは違っても供養を行う気持ちが大事なので、できる限りの供養を行ってくださいね。

最近はペットのお供えなども販売されているようです。
大袈裟に出来なくても、供養の気持ちを愛犬に伝えることが重要です。
お参り出来なくてもお供えを用意して、供養の気持ちを伝えるだけでも十分!
忙しくても気持ちはきちんと伝えてあげたいものですね。

ペット供養 わんちゃん・にゃんちゃん お盆お迎えセット

4,980円 (税込)

販売 ディアーペット
http://pet-inori.com/SHOP/f00ta01.html

まとめ

初盆を迎える愛犬、お別れをしてから初めて懐かしい我が家に帰ってきて頂ける良い機会です。

愛犬の写真などを見ながら、懐かしく思い出を語り合うことで亡くなっても愛していることや大事に思う気持ちが変わらないことがわかります。

触れる事は出来なくても、愛を伝えることでプラスに気持ちが変わってゆきます。
ペットロスで苦しんでいるから、思い出したくないではなくきちんと供養することで飼い主としての愛情を天国の愛犬に伝えてあげてもらいたいと心から願います。