14日、韓国・マイデイリーによると、リオ五輪の男子サッカー準々決勝で、韓国はホンジュラスに敗れ、2大会連続のベスト4進出はならなかった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2016年8月14日、韓国・マイデイリーによると、リオ五輪の男子サッカー準々決勝で、韓国はホンジュラスに敗れ、2大会連続のベスト4進出はならなかった。

14日午前(韓国時間)、ブラジル南東部ベロオリゾンテのミネイロン・スタジアムで行われた試合で、韓国はホンジュラスに後半14分にゴールを奪われ0−1で敗れた。2大会連続で準決勝進出を目指していた韓国の夢は絶たれた。

マイデイリーは、韓国のスポーツ情報記録専門サイト・ステータスティーズ(STATIZ)の分析を引用し、韓国はボールタッチ684(ホンジュラス386)、パス成功率81.8%(ホンジュラス65.3%)、シュート16(ホンジュラス6)、有効シュート7(ホンジュラス4)など、試合自体は優勢に進めていたと伝えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「積極的なサッカーではなかった。全員軍隊に行って鍛え直してこい」
「薄っぺらなサッカーを見て不満だけが残った」
「試合が優勢に進んだかどうかは関係ない。負けは負け」
「パス成功率やシュート数で勝っても意味がない」
「これがサッカーだ」
「週末の朝なのに、サッカー観戦した2時間がもったいなかった」
「見なきゃよかった」
「攻撃力が不足していたように思う」
「攻撃力は日本の方が韓国より上かもな」
「サッカーは見た目じゃなくて、根性でするスポーツだということを見せてくれた試合だった」(翻訳・編集/三田)