「明日は仕事か……」日曜夜のブルーな気持ちを吹き飛ばす方法5選

写真拡大

明日のことを考え、なんだかブルーな気持ちになってしまう日曜日の午後。せっかくの休日を最後までしっかりと楽しむためにも、ぜひ上手に気持ちを切り替えたいですね。ブルーな気持ちとも上手に付き合っていくために、働く女子たちはどのよう対策をしているのでしょうか。女子会員のみなさんの知恵を紹介します。

■みんなでワイワイ

・「みんなと楽しく過ごす。時間を忘れられるように」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「女友だちに電話してワイワイ無駄話をする。喋るのが一番のストレス解消」(25歳/食品・飲料/専門職)

一人だとアレコレ考えてしまう時間も、みんなと一緒ならあっという間です。「日曜日に誰かと会うのは疲れそう!」と躊躇する方も多いかもしれませんが、あえて約束することで、気持ちは楽になるのかもしれませんね。

■好きなことを満喫!

・「アイドルのコンサートDVDを見て踊る」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「好きなアイスやお酒でリフレッシュする」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きな音楽を聴いていると意外と大丈夫になります。音楽からの影響が大きい人間なので」(33歳/その他/クリエイティブ職)

外に出ることに抵抗があるなら、こんな方法をとってみては? 自分の好きなことに没頭していれば、余計なことを考える暇はないはずです。自分だけの休日の楽しみ方を見つけることで、毎日をもっと充実させられるでしょう。

■考えない

・「明日は明日の風が吹くと思って考えないようにする」(31歳/自動車関連/営業職)

・「考えても仕方のないことをいちいち考えない」(30歳/学校・教育関連/専門職)

こんな意見もありました。考えても仕方がないことは、あえて考えないようにすること! こんなスキル、習得するのはちょっと大変かもしれませんが、様々な場面で応用できそうです。

■月曜日の終わりの予定を考える

・「月曜日の仕事終わりのことを考えること。アフターファイブが充実していれば、仕事は楽しいから」(26歳/自動車関連/技術職)

・「月曜の勤務終わりにデザートにケーキを買うことを想像する」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「考えない」のが難しいなら、こんな方法もアリですよね。月曜日のご褒美は、また1週間を乗り切るための活力源です。仕事に向かう足取りも、自然と軽くなるのではないでしょうか。

■とにかく寝る

・「とにかく明日は絶対にやってくるんだから何も考えず早めに寝ること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「寝る。とにかく寝るのが一番。テレビやDVDを見たり、ゲームをしたり、趣味に没頭したり色々あるけど、気は紛れても全く考えないようにするのは無理。寝てしまえば思考を休められるので考えなくて済むから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

最終手段はやっぱりコレです。月曜日の朝になれば、ブルーながらも気持ちが切り替わっている方も多いのでは? ゆっくり休めば、体力的にも楽に一週間をスタートできそうですね。

■まとめ

みなさん様々な対策をとって、ブルーな気持ちを乗り越えているようです。みんなの意見から、ぜひ「自分でもできそうだな」と思う方法を見つけてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数157件(22〜34歳の働く女性)