13日、韓国・聯合ニュースは、15日の終戦記念日に竹島上陸を計画している韓国国会議員が、日本政府の抗議にもかかわらず予定通り上陸を行う意向であることを伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は竹島。

写真拡大

2016年8月13日、韓国・聯合ニュースは、15日の終戦記念日に竹島(韓国名:独島)上陸を計画している韓国国会議員が、日本政府の抗議にもかかわらず予定通り上陸を行う意向であることを伝えた。

日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は13日、駐日韓国大使館の李煕燮(イ・ヒソプ)公使に電話で「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れることはできない。極めて遺憾だ」と伝えた。これに対して、竹島上陸を主導しているセヌリ党のソン・イルジョン議員は、日本政府のこのような立場を「一考の価値もない」と一蹴、「独島警備隊関連施設点検など、純粋な議員活動の一環として独島訪問を予定通り推進する」とし、「政治的、外交的に拡大解釈をしなければ良い」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「当然の発言」
「その言葉、気に入った。その意気で頑張れ」
「久しぶりに国会議員らしい仕事をしている姿を見た。堂々と独島に上陸してくれ」
「国会議員じゃなくて大統領が行け」
「自国の土地を訪問するのに、日本にとやかく言われる筋合いはない」
「政治的、外交的に拡大解釈だって?韓国人が韓国の地に行くのに拡大解釈も何もないだろう。これが国会議員の言葉だとしたら、お笑いだな」
「日本の抗議は一種の政治ショーだ」
「上陸はもちろん称賛に値するが、訪問にとどまらず、接岸施設とか韓国固有の領土として主権行使を確実にする施設建設とか、具体的なことを行え」
「日本は独島に上陸した芸能人を入国拒否(独島で「独島および統一キャンペーン」を行った歌手イ・スンチョルが2014年11月9日、羽田空港で入国拒否)にしたことがあったが、大統領や国会議員が全員独島に行ったらどうするんだろう?全員入国拒否にするのか見てみたい」
「韓国が靖国神社に参拝するなと言っても参拝する日本の国会議員がいるのだから、日本が独島に行くなと言っても行く韓国の国会議員がいてもいいのでは」(翻訳・編集/三田)