13日、昨年の「ミス香港」グランプリのルイーザ・マクさんが、リオデジャネイロ五輪の会場で窃盗被害に遭遇した。写真はルイーザ・マクさん。

写真拡大

2016年8月13日、昨年の「ミス香港」グランプリのルイーザ・マク(麦明詩)さんが、リオデジャネイロ五輪の会場で窃盗被害に遭遇した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中華圏きっての人気ミスコン「ミス香港」で昨年優勝したルイーザ・マクさんは、その才色兼備ぶりが大きな話題に。香港の名門高校、ケンブリッジ大法学部を卒業し、「ミス香港」を足掛かりに飛躍して「未来の香港行政長官を狙っているのでは?」と騒がれるほど。現在、ルイーザ・マクさんはテレビ局・無線電視(TVB)のリオ五輪レポーターを務めているが、現地で窃盗被害に遭ったことが明らかになった。

ルイーザ・マクさんによると、メディアセンターの中に置いていた荷物の中から、財布が抜き取られたもの。パスポートや貴重品は常に携帯しているため無事で、それだけは不幸中の幸いだったという。持って行った現金がほとんど失われたため、被害に遭った当日は、人にお金を借りてカップ麺で空腹をしのいだと語っている。

TVBのスポーツ制作担当者によると、メディアセンター内で発生したということで、開催側も今回の被害を非常に重視している。ルイーザ・マクさんによるとすでに警察に通報し、全ては警察に委ねているという。(翻訳・編集/Mathilda)