ブラジルがベスト4進出 ネイマール直接FK弾含む2発でコロンビア撃破《リオ五輪》

写真拡大

▽リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)準々決勝のU-23ブラジル代表vsU-23コロンビア代表が日本時間14日に行われ、ブラジルが2-0でコロンビアを退け、ベスト4進出を果たした。

▽初戦から2戦連続ゴールレスドローと低調なスタート切りながら、第3戦のU-23デンマーク代表戦を4-0の勝利で飾り、グループAを首位で通過したブラジル。準々決勝では、U-23日本代表と同居したグループBを2位で通過したコロンビアと対戦した。

▽デンマーク戦と同様の先発を起用したブラジルは、序盤から攻勢に出ると、12分に敵陣のボックス手前でFKのチャンスを獲得。キッカーのネイマールが右足で直接狙うと、カーブのかかったボールが壁の間を抜けてゴール左に吸い込まれた。

▽ネイマールの今大会初ゴールで先制したブラジルだが、その後はコロンビアの反撃に遭い、攻撃面も停滞。すると、前半の半ばから終盤にかけて、ネイマール絡みのプレーから、両陣営が入り乱れての一触即発ムードとなるシーンが何度も散見され始める。

▽そんな荒れ模様の中で、1点リードで後半を迎えたブラジル。立ち上がりから追加点を目指して攻勢を強めるが、ハーフタイム明けからペレス、ボルハをピッチに送り込んで反撃に出てきたコロンビアに苦戦を強いられる。

▽それでも、ブラジルは83分、バイタルエリア中央のスペースでボールを受けたルアン・ヴィエイラが右足を一閃。前に出かかっていた相手GKの頭上を越えるシュートで貴重な追加点を奪う。結局、2-0で試合終了。コロンビアを下したブラジルが準決勝に進出した。