使い方色々!アコーディオンのように折りたためるキャンピングトレーラーが秀逸

写真拡大

アウトドアの季節が到来し、キャンプを楽しむ人も多いだろう。

テントもいいが、キャンピングカーなら手間がかからず快適。

何の変哲もないトレーラーが変形

しかもこの「折りたたむ」キャンピングトレーラーなら空間も広々と使える。

オランダのデザイナー、EDUARDO BÖHTLINGKさんがデザインしたMarkiesだ。

Markies

Markies

一見四角い箱型の、何の変哲もないトレーラー。道路で見かけても大して目を引くことはないだろう。

しかし現地に到着するとこの通り。両脇の壁が開いて床になり、広さが3倍に。

上部には丸い屋根ができあがる。

 プライベート空間も

屋根は、シースルーにすることも、覆いをかけて外から見えないようにすることもできる。

Markies

Markies

中は、中央にキッチンがあり、テーブルを置けば立派なダイニングに。

Markies

Markies

現れた「部屋」のうちの一つはベッドが2つ置けるスペースで、間のスクリーンを下せば間仕切りになりプライベート空間を確保。

屋根は壁から取り外しができるようになっていて、片方の屋根だけ開け「半分アウトドア」にして釣りを楽しむなど、いろいろな使い方ができそうだ。

残念ながらまだ製品化には至っていないが、「将来的には製品化を考えている」とのことだ。

Markies

Markies