日本と中国は高速鉄道市場において激しい受注競争を展開している。だが、乗車券の買いやすさや時間に正確な運行、さらには車内サービスにいたるまで、ソフト面では新幹線のほうが圧倒的に中国高速鉄道を上回ると言えよう。

写真拡大

 日本と中国は高速鉄道市場において激しい受注競争を展開している。だが、乗車券の買いやすさや時間に正確な運行、さらには車内サービスにいたるまで、ソフト面では新幹線のほうが圧倒的に中国高速鉄道を上回ると言えよう。

 新幹線をはじめとする日本の鉄道サービスにおいて、中国を上回るものの1つに駅弁を挙げることができるが、中国メディアの投資界はこのほど、日本と中国の駅弁を比べて場合、「中国は完敗である」と指摘する記事を掲載した。

 記事はまず、高速鉄道をふくめた中国の各鉄道において提供されている駅弁はなぜ「不味いのか」と疑問を投げかけつつ、物価水準を考慮しても日本では中国より安くて旨い駅弁が数多く存在すると紹介。中国の駅弁はおかずの種類がわずか3種類しかないと批判したうえで、「見た目だけを見ても中国の駅弁は高すぎる」と論じた。

 続けて、中国では鉄道利用時にインスタントラーメンを持ち込む客が後を絶たないことを指摘し、「それはインスタントラーメンのほうがまだ旨いからだ」と指摘。日本では多くの企業が駅弁を販売しており、企業間に競争が存在することを指摘、中国の駅弁が不味いのは「日本のような競争がないから」だと指摘した。

 さらに記事は、中国の鉄道は「中国鉄路総公司」が管理を行い、鉄道車内における販売は同社の関連会社が既得権として独占的に行っていると指摘、中国も日本のように企業の参入を認めれば、競争が起きて価格も低下し、味も向上するはずだと論じた。

 もとから弁当という文化があった日本において駅弁が発達したのは自然なことだ。中国にもご飯の上におかずを乗せる弁当のようなものは存在するが、1つの文化に昇華するほどの発展を遂げられなかったのは、冷たいものを口に入れるのを嫌う中国人の習慣のためかもしれない。しかし、中国で駅弁に対する需要が高まっているのは事実であり、消費者の需要を汲み取ることができれば、将来的には中国の高速鉄道でおいしい弁当を楽しめる時代が来るかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)