12日、人民網は記事「韓国の輸出額が19カ月連続でマイナス、苦境の要因は中国」を掲載した。韓国産業通商資源部の統計によると、7月期の輸出は前年同期比マイナス10.2%の410億ドルとなった。写真は江蘇省の港。

写真拡大

2016年8月12日、人民網は記事「韓国の輸出額が19カ月連続でマイナス、苦境の要因は中国」を掲載した。

韓国産業通商資源部の統計によると、7月期の輸出は前年同期比マイナス10.2%の410億ドルとなった。6月のマイナス2.7%から下げ幅を広げている。2015年1月から19カ月連続のマイナスだ。

輸出不振は何を背景としているのか?世界経済、とりわけ中国経済の低迷が響いている。また中国国産製品の開発が進み、韓国製品に対する依存度が低下したことも大きい。輸出は韓国の国内総生産(GDP)の50%を占める柱。不振は韓国経済に大きな痛手と与えている。(翻訳・編集/増田聡太郎)