歴史問題や領土をめぐる対立など、日本と中国の間には多くの問題がある。近年の日中関係は「政冷経熱」とも評され、経済面の協力は活発であり、多くの中国人旅行客が日本を訪れているものの、政治的には冷え込んだ状況が続いている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 歴史問題や領土をめぐる対立など、日本と中国の間には多くの問題がある。近年の日中関係は「政冷経熱」とも評され、経済面の協力は活発であり、多くの中国人旅行客が日本を訪れているものの、政治的には冷え込んだ状況が続いている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、米国のシンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)がまとめた報告書を引用し、中国にもっとも友好的な国はパキスタンであり、もっとも非友好的な国は日本であると伝えている。

 記事は、米国の世論調査機関であるピュー・リサーチ・センターの調査結果を引用し、中国を肯定的に評価する国民がもっとも多かったのはパキスタンであり、次いでガーナ、ロシア、マレーシアという順になったことを紹介。パキスタンでは82%の調査対象者が中国を肯定的に評価したと伝える一方、日本の同割合はわずか9%にとどまったことを紹介した。

 これに対し、日本と中国は経済面では緊密な協力関係にあるとしながらも、日本人の中国に対する評価はずっと否定的なままであると指摘し、その理由は「中国がレアアースの対日輸出を制限したり、領土をめぐる対立や歴史問題などを背景とした敵意が日本人の対中感情に影を落としている」ことを挙げた。

 日本を訪れる中国人が増え、中国のネット上では日本の美点に学ぶべきという声が数多く存在する一方で、日本向け食品の安全問題など、中国で問題が発生するたびに対中感情は悪化の一途を辿っており、政治的にも好転の兆しが見えないのが現状だ。中国は最近、尖閣諸島(中国名:釣魚島)海域に複数の公船を派遣するなど、挑発とも言える行動を繰り返しており、日中関係および日本人の対中感情の改善はまだまだ期待できない状況にある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)